シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケマス元ネタリスト ホウエン編

ホウエン】の【主人公】としてはユウキが登場。
RSEm(ORAS)の通り【ジムリーダー】であるセンリの子供として登場した。
もう1人の【主人公】であるハルカはオダマキ博士の娘という立ち位置に。

ホウエン】以降の【ジムリーダー】は本編での登場回数が少ない為
元ネタとなる要素が【カントー】や【ジョウト】よりも乏しくなる。
マイナーチェンジ版で役職が異なるミクリは【ジムリーダー】として登場した。
ちなみにデザインは今のところ全てORASのものが使われている。

続きを読む

ポケマス元ネタリスト ジョウト編

ジョウト)の【主人公】はマイナーチェンジ版(クリスタル)とリメイク版(HGSS)で女主人公が異なり
クリスとコトネが個別に実装され、まさにドリームチームと言える様相に。
男主人公であるヒビキは各作品でデザインが大きく変わらず、【主人公】は出揃った。

ジョウト】の【ジムリーダー】はマイナーチェンジやリメイクでも変わらず。
一方で【カントー】と比べると本編の登場回数が半減。
キャラクター付けとしては【カントー】よりやや弱い。
ジョウト】のポケモン自体が多くないという事もあり
使用ポケモンの面にもやや難が生じている。
デザインは最も新しいHGSSのデザインで統一されている。
(BW2はHGSSのデザインの流用)

続きを読む

ポケマス元ネタリスト カントー編

カントー】の【主人公】はFRLGの2人が実装に。
これで全員ということは無く、ピカブイの【主人公】が残っており
それぞれカケル、アユミと呼ばれている。
カスミがピカブイデザインで登場しており、ピカブイからの登場は十分可能。
難点はピカチュウイーブイ共に他キャラクターで実装済みである点となる。

【ジムリーダー】に該当するキャラクターが全員登場したものの
キョウはHGSSの役職である【四天王】として登場。
サカキは《レインボーロケット団》ボスとしての登場で役職が付かず
グリーンは初代軸の【チャンピオン】が採用されたため
カントー】の【ジムリーダー】は7人しか居ないという状態となった。

続きを読む

ポケマス元ネタリスト 目次(予定地)

ポケマスの元ネタリストを細々と更新していたんですが
今のまとめ方だと文字数が増えすぎてリストが崩壊しかねなくなりました。
チームスキルの導入も有り、地方別にまとめやすくなったということで
地方別のリストに切り替えるべく作り直すこととしました。
なお、内容的には基本的に同じということで
移行が終わり次第旧リストは記事毎削除する予定です。

現状ここは空白となりますが、全地方投稿後に各記事へのリンクを付ける目次となる予定です。
なお、カントーからガラルまでの全8回を予定しております。

旧リストで冒頭に付けていた文章は目次に付けることで減量とします(


『切り札』とするポケモンに関しては
・本編バトル時(再戦時)はレベルが一番高いポケモン
・BW2のPWTでは確定選出に選ばれているポケモン
としている。
・本編バトル時の手持ち最後尾のポケモン
は例外が多く発生している為ここでは扱わない。

デザインに関しては公式ツイッターで出典が開かされていたが
EX以降は扱わなくなったので憶測が存在することを悪しからず。

わざやバディーズわざに関しては概ね
・ジムの看板の紹介(『二つ名』と表記)
・作中の当人の台詞
・使うポケモンの代表的な技
・攻略時にくれるわざマシンの技
・手持ちのポケモンが良く使う技
が設定されていることが多い。
もちろんキャラクターのイメージから割り当てられることも多い。

なお、敵専用で使ってくる技も多数あるが
収集し切れないこともあり、重要と思われる味方時の技のみ掲載する。
バディーズわざに関しては基本的に最終進化でのみ固有技になるが
進化が設定されていないポケモンは進化前でも固有技が設定されている。

チームスキルの導入により、各キャラクターの地方と役職が明言化された。
地方に関しては初出の地方を優先する傾向があるのか
【四天王】のキョウや【チャンピオン】のワタルの地方が【カントー】だったりと齟齬が生じている。

役職に関しては1人に1つしか付かないという仕様になっている模様。
複数作品で役職が複数に渡るキャラクターもチームスキルは1つのみ。
コスチューム違いのキャラクターに関しては基本的に役職は外れる模様。
(リーフは【主人公】があるもののマジコスリーフにはない等)
加えて《キャプテン》や《島キング》はチームスキルが存在しない為
【アローラ】のキャラクターは役職が【四天王】しか付いていないといった弊害がある。

チームスキルは【タイプ】【地方】【役職】の3つが実装。
表記するうえで便利なので【すみつき括弧】で表記する。
《ロール》や未実装の《役職》に関しては《二重山括弧》を用いる。

BGMは非常に凝っており、特に役職のBGMは実装分を全て網羅。
各キャラクターの専用BGMは実装が半々程に分かれるものの
時間経過とともに実装に至るというケースが多い。
特に凝っているのはチャンピオンバトルで
【四天王】は4人分の新作アレンジが採用されており
カントー】で各4曲、【ジョウト】で各4曲と非常に豪華。

第26回道オフ・オンライン大会「スノーフレーク杯」

あけましておめでとうございます。
去年はオフ会を1度しか開けず終わってしまいましたが
今年はまず1度の開催を目標に
ゆくゆくは元のペースで開催できればと思っています。

ブログの更新の方ではポケマス記事を世代別に作り直す予定で
今月中に全世代更新出来ればと思っています。
その後は・・・ストックないけどどうしましょうか(

ということで本題はオン会の告知。
ルールが更新されなかったという事で1月23日(土)の開催となります。


第26回道オフ・オンライン大会「スノーフレーク杯」
開催日程 1月23日(土曜日) 午後8時頃開始予定
募集締切 1月19日(火曜日)
定員人数 20名
開催場所 サイト内「道オフチャット」

詳細は上記リンクから。
参加募集はサイトの掲示で行っております。
ハンドルネーム、トレーナーネームに加えてツイッターのアカウントを添えて参加希望をお願いいたします。
チャットルームがダウンした際、進行用の連絡先として利用致します。

ルールの更新が五分五分かなってところでしたが
結果としては更新されずで『ランクバトル シリーズ7』のままとなりました。
ダブルが2回続いたこともあり、今回はシングルバトルとなります。
レンタルパーティでの参加も可能となっていますので
気軽に参加いただければと思います。

道オフオンライン大会とありますが、道外からの参加も大歓迎です。
皆さんの参加をお待ちしております。

2020年を振り返る

更新するネタが無いなあと困っていたところ
昔は年末に勝率とかをまとめてたのを思いだしました。
最近は対戦数も少なくてまとめても寂しいだけとやってなかったんですが
ちょっと色々あった年でもあるので2020年を振り返るという形で復活させてみました。
来年も継続するかは明言を避けておきます(

続きを読む

近況報告・冬

年末に今年のまとめ記事を書こうと思ってるんですが
23日を過ぎるとブログ更新が1か月以上空くのでいつものやつです(

剣盾はモチベーションが結構あって
無事両ルールマスターボール級を達成しました。
シングルは長らくモチベーション喪失してたんですが
ようやく持ち直したかなと思います。

次回のオン会はそのシングルで行いたいなと思ってます。
ルールに関してはシリーズ8に変わるのか難しいところで
来月のルールが発表されないと動けないですね。
日程はルール変更があれば1月30日(土)
変更が無ければ1月23日(土)にしようかなと思っています。
ルールの発表は今年中に行われると思うので
今年中に告知出来ればといったところです。

ブログの更新についてはギリギリネタになるかなあという分野はありますが
イマイチ出力に至ってないのが現状でストックがありません(
とりあえずポケマスがどんどん増えてるので世代別に作り直しってところでしょうか。
まずは冒頭にも書いた今年のまとめ記事からになりそうです。