シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケマス元ネタリスト シンオウ編

シンオウ】のキャラクターはリメイク版が無い為登場が少ない。
そういう面もあってか【主人公】がなかなか登場しなかったが
ようやくヒカリが実装された。

【ジムリーダー】も登場するのはDPtとBW2の2作品でドット絵も使い回し。
しかしながら、第四世代では戦闘中に喋るという演出がある。
ジム以外での登場場面が増えて来たこともあり、台詞が増えている。
また、DPでは図鑑のポケモンにタイプの偏りが多いのも特徴。
スズナやオーバ等得意タイプ以外のポケモンを使わざるを得なかったキャラも多い。
Ptではそれらは解消されているが、ポケマスではDPのポケモンを口にする。


ヒカリ&ナエトル
ハヤシガメドダイトス
シンオウ】の【主人公】で【草タイプ】の《サポート》
DPが出典なのでコートは着ていない。
DPtの主人公で選ばなかった場合に先輩トレーナー役として登場。
その際の名前がヒカリとなっている。
ポケマスでも先輩トレーナーとして主人公をサポートしつつ
コンテスト形式のイベントに参加する形で登場。
ポッチャマゴウカザルが消化済みなので消去法でナエトルがパートナーに。
EX衣装もナエトルカラーの黄緑に。
はっぱカッター草タイプの物理技で2ゲージ技。
急所に当たりやすい全体攻撃。
ナエトルのレベル技にして序盤の主力。
タネばくだん草タイプの物理技で3ゲージ技。
追加効果が無いシンプルな攻撃技。
ナエトルが覚えるにはタマゴ技か教え技が必要。
あたしに任せて!アニメのヒカリしか引っかからないため作中台詞が確認できず。
サポート時のヒカリの一人称は「あたし」なので一応原作再現。
味方1人のHPを全回復させたり
状態異常等を治す完全回復の効果。
強力な反面1度しか使えない。
パッシブスキル『急所無効』隠れ特性シェルアーマーの再現。
負けるわけなしの
ウッドハンマー
こちらも作中台詞は確認できず。
そこまで勝気なキャラクターではない気はするが・・・
ウッドハンマードダイトスの基本技(思いだし限定)
ドダイトスが覚える草物理の技では最高威力。

ジュン&ポッチャマ
ポッタイシエンペルト
シンオウ】で【水タイプ】の《アタッカー》
DPtにおける《ライバル》キャラクター。
師匠と慕うマキシと同じ【水タイプ】使いに。
ポッチャマは最初に博士から貰えるポケモン
草弱点が最終進化しても変わらないため本編と若干の齟齬が生じている。
あわ水タイプの特殊技で1ゲージ技。
全体攻撃で相手の素早さを下げることがある。
ポッチャマのレベル技
バブルこうせん水タイプの特殊技で2ゲージ技。
こちらも相手の素早さを下げることがある。
ポッチャマのレベル技
まったなしだぜ!ジュンの209番道路での作中台詞。不意打ちでバトルになる。
素早さと急所率が上がるせっかちなジュンらしい効果。
罰金100万円分の!
バブルこうせん
ジュンの代表的な台詞「おくれたら ばっきん 100まんえん な!」
ちなみに1000万円と1億円のバリエーションがある(
バブルこうせんは先の通り。

ヒョウタズガイドスラムパルドシンオウ】の【ジムリーダー】で【岩タイプ】の《アタッカー》
同じシンオウのジムリーダーに父親のトウガンが居る。
ズガイドスが切り札なのは初戦時のみで再戦時はバンギラスが切り札に。
BW2では進化形のラムパルドを切り札に据える。
進化が後付けで追加されたキャラクター。
うちおとす岩タイプの物理技で2ゲージ技。命中安定。
ポケマスでは追加効果は無い。
ズガイドスがうちおとすを覚えるにはわざマシンが必要。
もろはのずつき岩タイプの物理技で3ゲージ技。
その名の通り自身もダメージを受ける大技でズガイドスの得意技。
ポケマスの通常技の中では最も威力が高い。
反動ダメージが本編の1/2から1/3に軽減されているが
威力もあって自身も倒れかねないダメージに。
ズガイドスのレベル技。
ザ・ロック二つ名『ザ・ロックと いわれた おとこ』
わざゲージを増やしつつ、自身を必中状態にする効果。
いわを知り尽くした
もろはのずつき
クロガネ炭鉱のまとめ役でちかつうろ探索が趣味。
いわを知り尽くしたといって相違ないキャラクターではある。
もろはのずつきは先の通り。

ナタネ&ロズレイドシンオウ】の【ジムリーダー】で【草タイプ】の《アタッカー》
ナタネの切り札は一貫してロズレイド
お化けが苦手という面がイベントでも扱われた。
すいとる草タイプの特殊技で1ゲージ技。
与えたダメージの1/10を回復する。
ロゼリアの初期技で進化すると覚えられない。
リーフストーム草タイプの特殊技で3ゲージ技。
使用後自身の特攻が大きく下がる。
ロズレイドのタマゴ技。
緑を力に!作中台詞にそれっぽいものは無し。
下記の通り『緑』が代名詞なのでハマる名称ではある。
わざゲージを回復しつつ
自身の能力低下を反転させるという特殊な挙動を持つ効果。
上昇分が反転することは無いが、自発的に下げられるのは特攻のみ。
映える緑の
リーフストーム
二つ名『映える緑の ポケモン使い』
リーフストームは先の通り。
威力変動の扱い難さからかくさむすびは使われず。

スモモ&アサナンチャーレムシンオウ】の【ジムリーダー】で【格闘タイプ】の《サポート》
スモモの切り札はルカリオだが
コルニやゲンとの兼ね合いからかアサナンに。
一応アサナンチャーレム)は常に手持ち入りしている。
進化が後付けで追加されたキャラクター。
いわくだき格闘タイプの物理技2ゲージ技。
相手の防御を下げる確率が高い。
第六世代以前のマシン技。
ドレインパンチ格闘タイプの物理技で3ゲージ技。
こちらも与えたダメージの1/10を回復する。
スモモから貰えるのがドレインパンチわざマシン
アサナンわざマシンや教え技で覚える。
真剣勝負!作中台詞「ジムリーダーとして あたしなりに しんけんに がんばるので
どこからでも かかってきてください!」
味方全体の急所率を上げて必中化する効果。
アサナンは命中安定技ばかりなのでサポートありきの効果。
裸足の天才格闘少女の
とびひざげり
二つ名『裸足の天才格闘少女』
とびひざげりチャーレムのレベル技で威力の高さが強み。
スモモの公式イラストも蹴りを放っている姿なのでイメージに合う技となった。

マキシ&フローゼルシンオウ】の【ジムリーダー】で【水タイプ】の《テクニカル》
マキシの切り札はフローゼル。再戦時のみルンパッパが切り札になる。
ジムリーダーとしてはリングネームの『マキシマムかめん』を名乗る。
外国人レスラーという設定のシンオウ出身。
上半身裸だが格闘ではなく水使い。
たきのぼり水タイプの物理技で2ゲージ技。
相手を怯ませることがある。
フローゼルが覚えるにはわざマシンが必要。
みずのはどうは水タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手を混乱させることがある。
フローゼルが覚えるには技教えが必要。
マキシマム!リングネーム『マキシマムかめん』
ちょっと投げやりな感もあるが・・・
攻撃を大きくと特攻を上げる効果。
マックスマキシマム
アクアジェット
先に同じ。やっぱり投げやり・・・
二つ名『ウォーターストリーム マスクマン』は使われず
アクアジェットフローゼルのレベル技。

メリッサ&ムウマージシンオウ】の【ジムリーダー】で【ゴーストタイプ】の《アタッカー》
メリッサの切り札は主にムウマージだが
Ptの再戦時のみゲンガーが切り札となっている。
ポケマスではナツメ、カミツレと組んで大会に参加。
あやしいかぜゴーストタイプの特殊技で2ゲージ技
低確率で自身の命中と急所率以外の能力が上がる。
ムウマージが覚えるにはタマゴ技が必要。
シャドーボールゴーストタイプの特殊技で3ゲージ技
こちらは相手の特防を下げることがある追加効果。
ムウマのレベル技かわざマシンが必要。
驚くといいです!作中台詞「さらに つよくなった アタシに おどろくと いいです!」
Ptのしょうぶどころからと意外なところから出典。
自身のわざゲージを増やしつつ、急所率を上げる効果
ソウルフルダンサーの
シャドーボール
二つ名『魅惑のソウルフルダンサー』
シャドーボールは先の通り。
実はムウマージの特殊ゴースト最高威力だったり。
メリッサから貰えるわざマシンはシャドークローだが
ムウマージは覚えられず、不採用となった。

スズナユキノオーシンオウ】の【ジムリーダー】で【氷タイプ】の《テクニカル》
スズナの切り札ははっきりせず、DPではユキノオー
Ptではユキメノコ、再戦時はグレイシアとコロコロ変わる。
BW2ではユキメノコを切り札とするが、3種とも手持ち入りしている。
れいとうパンチ氷タイプの物理技で2ゲージ技。
低確率で相手を氷状態にする。
ユキノオーのレベル技。
あられ氷タイプの変化技で2ゲージ技。
天候を『あられ』にしてスリップダメージを与える。
ポケマスでは2回の回数制限有り。
特性ゆきふらしによる自動あられがユキノオーの代名詞。
ユキノオーが覚えるにはわざマシンが必要。
ぜんぶ気合よ!作中台詞「ポケモンも オシャレも れんあいも ぜんぶ きあい なのッ!」
とにかく『気合』がキャラベースであにぽけでも採用されている。
ポケモン使いが気合キャラとギャップを付けている。
わざゲージを消費して攻撃と特防を上げる効果。
ぜんぶ気合の
ゆきなだれ
先に同じ。2回使わなくても・・・
二つ名の『ダイヤモンドダストガール』は欠片も使われず。
スズナから貰えるのがゆきなだれのわざマシン
条件は違うが威力が上がる効果はポケマスでも健在。

デンジ&レントラーシンオウ】の【ジムリーダー】で【電気タイプ】の《テクニカル》
DPの切り札であるレントラーをバディーズに参戦。
イベントでは本編と逆に燃え尽きたオーバに火を点けるべく奮闘する。
停電やオクタンなど本編のネタも登場する。
EX衣装は電気タイプを意識した黄色。
かみなりのキバ電気タイプの物理技で2ゲージ技。
相手を麻痺状態、及び怯み状態にすることがあり
それぞれ別個の判定で両効果が同時発生することも。
レントラーのレベル技。
エレキフィールド電気タイプの変化技で2ゲージ技。
フィールドをエレキフィールドにする効果。
ポケマスでは2回の回数制限有り。
レントラーのレベル技で思いだし技。
エレキフィールドが実装されたXY時点から覚えることができた。
ワイルドボルト電気タイプの物理技で3ゲージ技。
与えたダメージの1/5ながら反動が痛い。
レントラーのレベル技。
しびれようぜ!二つ名『かがやき しびれさせる スター』
ジコスカミツレの『しびれるわよ!』と丸被り(
自身の攻撃を上げ、次回急所状態にする効果。
エレキフィールド状態だと味方全体の命中も上げる。
パッシブスキル『異常確率上昇4』麻痺の発生率が上がる
『妨害確率上昇4』怯みの発生率が上がる
かみなりのキバのデバフ効果を大きくするパッシブスキル。
パッシブスキル『登場時攻撃ダウンG1』特性いかくの再現。
ただしDPtにおけるデンジのレントラーはとうそうしん。
輝き痺れさせる
かみなりのキバ
同上。
かみなりのキバも先の通り。
第四世代時点ではかみなりのキバがレントラーの電気物理最高火力だった。

シンオウ】の【四天王】はDPtにしか登場せず。
元ネタの不足もあってか現状オーバしか実装されていない。
他のキャラクターもリョウは切り札が得意タイプではなく
ゴヨウは切り札が軒並み他キャラクターで実装済みと状況も芳しくない。
チャンピオンバトルの開催に不安が残る。
一方で【四天王】のBGMは専用アレンジが採用されており
ポケマスでは元がピッチ変えと思えない程【ジムリーダー】と【四天王】のBGMが異なる。
【チャンピオン】はブレる要素無くすんなりシロナ。
見直すと【チャンピオン】の役職にブレが全く無い地方は【シンオウ】ぐらいだったり。

シンオウ】にも《フロンティアブレーン》が居り、ポケマスにも登場。
DPtの同行キャラクター、通称《穀物組》も実装されており
役職のチームスキルが付かないキャラクターがどんどん増えている。

オーバ&ゴウカザルシンオウ】の【四天王】で【炎タイプ】の《アタッカー》
オーバの切り札はDPではゴウカザルでPtではブーバーン。
ポケマスの台詞ではDPの手持ちが採用されている模様。
反面博士から貰えるポケモンの枠が1つ減ってしまった。
ポケマスでは組んでいたカツラがぎっくり腰でリタイア。
代わりにシキミと組んで大会に参戦する。
ほのおのパンチ炎タイプの物理技で2ゲージ技。
低確率ながら相手を火傷にすることがある。
ゴウカザルが覚えるにはタマゴ遺伝か教え技が必要。
だいもんじ炎タイプの特殊技で3ゲージ技。
こちらも低確率で相手を火傷にする。
ゴウカザルが覚えるにはわざマシンが必要。
もえてきたぜ!ピンチ時の台詞「この じょうきょう もえる! もえてきた!」
見た目通りタイプ通りの熱い性格。
自身の攻撃と特攻を上げる効果。
パッシブスキル『ピンチ時威力上昇2』特性もうかの再現。
燃えつきる覚悟の
オーバーヒート
戦闘後台詞「…… …… …… …フゥ もえつき ちまったぜぃ」
オーバーヒートはオーバの名前も入っているわざ。
本編ではPtのブースターでしか使わなかったり。

シロナ&(メガ)ガブリアスシンオウ】の【チャンピオン】で【地面タイプ】の《アタッカー》
タイプに拘らない手持ちだが、切り札は一貫してガブリアス
第七世代にゲスト出演したためメガガブリアスを使うのは原作通り。
EX衣装は白。シロナだけに
じだんだ地面タイプの物理技で2ゲージ技。
前のターン技が失敗していると威力が倍になる効果。
相性による無効がないポケマスで条件を満たすのは困難。
ガブリアスが覚えるには技教えが必要。
きりさくメガガブリアス時にじだんだが変化。
ノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
急所に当たりやすい効果で気持ちじだんだより使いやすい。
パッシブスキルにより地面技として扱われる。
ガブリアスのレベル技。
じしん地面タイプの物理技で3ゲージ技。
ポケマスでは相手全体攻撃で非常に扱いやすい技。
タイプ相性で無効化されないのも強み。
ガブリアスが覚えるにはわざマシンが必要。
楽しい勝負ね!作中台詞「まだまだよ! こんなに たのしい しょうぶ
かんたんに おわらせない!」
素早さと急所率を上げる効果で砂嵐時は効果が倍。
パッシブスキル『砂嵐時威力上昇5』特性すなのちからの再現。
原作ではメガガブリアスの特性だが、ガブリアスの時点で適用される。
神話の真実に迫る
じしん
シロナは考古学者でもありシンオウ神話の真実に迫るキャラクター。
じしんは先の通りガブリアスの代表的な地面技。

ジコスシロナ&ジャラランガシンオウ】で【ドラゴンタイプ】の《アタッカー》
ジャラランガを意識したオリジナルデザインで登場。
髪を上げたこともありスマートなデザインとなっているが
2つの髪飾りに左目を隠す前髪とシロナらしさは健在。
【アローラ】にゲスト出演しているものの
ジャラランガは使っていない為初の組み合わせ。
ガブリアスと同じ600族のドラゴンという事で違和感はないか。
アカギイベントに登場し、マジコスに着替えてパルキアと対峙する。
イベント内でタマゴから育てたと説明があり、性別も♂となっている。
りゅうのいぶきドラゴンタイプの特殊技で2ゲージ技。
相手を麻痺状態にすることがある。
ジャラランガが覚えるにはタマゴ技が必要。
スケイルノイズドラゴンタイプの特殊で4ゲージ技。
4ゲージ技では初となる相手全体への攻撃技。
使用後自身の防御が下がるのは原作通り。
ジャラランガの専用技でレベル技。
胸が高鳴るわ!作中台詞にありそうでないオリジナル。
バディーズわざのカウントと急所率を上昇させる効果。
残りHPが少ないほど効果が大きい。
強力な分1度しか使えない効果。
パッシブスキル『B技後能力5種アップ1』
バディーズわざ使用後攻撃、防御、特攻、特防、素早さが上がる効果。
専用Zワザブレイジングソウルビートを意識した効果。
歴史に名をとどろかす
スケイルノイズ
殿堂入りの記録マシンの前で言いそうで言ってない台詞。
音技が得意なジャラランガに合わせて『とどろかす』という文言が使われたか。
スケイルノイズは先の通り。
ブレイジングソウルビートの元にもなる技。
バトルツリーではZワザを使わない為通常技となったか。

ネジキ&ドータクンシンオウ】で【鋼タイプ】の《テクニカル》
PtとHGSSに登場する《フロンティアブレーン
ネジキの手持ちは完全ランダムで手持ちの設定が一切ないキャラクター。
にもかかわらずDPゴヨウの切り札であるドータクンが選ばれた。
ジャイロボール鋼タイプの物理技で2ゲージ技。
相手の素早さが上がっていると威力が上がる効果に。
ドータクンのレベル技。
しねんのずつきエスパータイプの物理技で2ゲージ技。
確率は低いながらも怯みの追加効果がある。
ドータクンが覚えるには教え技が必要。
テレキネシスエスパータイプの変化技。
相手への攻撃が必中となる。
ポケマスでは地面タイプ無効の効果は無い。
ドータクンが覚えるには教え技が必要。
分析完了!自作の『ちょうさ・ぶんせきマシン』で対戦前に分析してくる。
防御、特防を上げてタイプ耐性を付ける防御的な効果。
ぶんせきどーりの
ラスターカノン
名台詞「ワーオ! ぶんせき どーり」
ネジキが勝利した際に発する憎たらしい台詞。
バトルファクトリーの高難度と相まって良く聞く羽目になる(
ラスターカノンはドータクンが覚えるにはわざマシンが必要。
バディーズわざだけ特殊技というちくはぐはファクトリーらしさを感じる。

モミ&ハピナスシンオウ】で【ノーマルタイプ】の《サポート》
DPtにてハクタイのもりを抜ける際に同行してマルチバトルで進行する。
役職は無いが、ファンの間で《穀物組》と呼ばれている。
シナリオクリアに唯一同行必須となるためDPtプレイヤーにはお馴染みだろうか。
同行時はラッキーを使うが、Ptのしょうぶどころではハピナスを切り札にしている。
ハイパーボイスノーマルタイプの特殊技で2ゲージ技の全体攻撃。
ハピナスが覚えるには教え技が必要。
かえんほうしゃ炎タイプの特殊技で2ゲージ技。
低確率で相手を火傷にすることがある。
ハピナスが覚えるにはわざマシンが必要。
ウズウズしちゃう作中台詞「あたしの ポケモンたち たたかいたくて ウズウズしていたの」
Ptにのみ存在するしょうぶどころでの戦闘時に聞ける。
味方1人のHPを回復し、防御と特防を上げるハピナスらしい効果。
パッシブスキル『P技後異常解除G2』味方全員の状態異常をたまに解除する。
特性しぜんかいふくといやしのこころの再現で味方全体に効果有り。
けっこうヤンチャな
ハイパーボイス
作中台詞「あたしの ポケモンたち けっこう ヤンチャ ですわよ」
こちらもPtのしょうぶどころでの台詞。
ハイパーボイスは先の通り。

マイ&ウインディシンオウ】で【炎タイプ】の《サポート》
DPtにてクリア後のチャンピオンロードを抜ける際に同行してマルチバトルで進行する
役職は無いが、ファンの間で《穀物組》と呼ばれている。
シェイミ関連の場所へ行くには同行必須でPtのシェイミイベントにも登場。
あにぽけでもシェイミと一緒に登場したりとシェイミとの関わりが深い。
バディーズは同行時のウインディが採用された。
かえんぐるま炎タイプの物理技で2ゲージ技。
低確率で相手を火傷にする効果に加え
自身が氷状態でも使うことができる効果を持つ。
ガーディのレベル技で進化すると覚えられない。
かえんほうしゃ炎タイプの特殊技で2ゲージ技。
低確率で相手を火傷にすることがある。
ガーディのレベル技だが、わざマシンで覚えることも可能。
負けないから…!作中台詞「あたし……負けないから……!」
Ptにのみ存在するしょうぶどころでの戦闘時に聞ける。
状態異常の回復と防止というマイらしい効果。
ありがとうの気持ちの
フレアドライブ
関わりの深いシェイミが『かんしゃポケモン
シェイミイベントでも近い台詞が登場する。
フレアドライブウインディが使える炎物理技の最高威力。

アカギ&パルキアシンオウ】で【ドラゴンタイプ】の《アタッカー》
シンオウ】の悪の組織である《ギンガ団》のボス。
パルキアを使ったり、ロトムを気にしたりとUSUMの要素が大きい。
ポケマスでは本編と同様シロナと対峙する。
マーマネがキーキャラクターと思いがけない交流も。
あくうせつだんドラゴンタイプの特殊技で3ゲージ技。
急所に当たりやすいが僅かに命中不安。
パルキアの専用技でレベル技。
みずのはどう水タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手を混乱状態にすることがある。
パルキアのレベル技
ハイドロポンプ水タイプの特殊で3ゲージ技。
追加効果のない高威力技で、命中が難点。
パルキアのレベル技。
心ない世界作中台詞「こころ といった あいまいで ふかんぜんなもの など なくなれ」
アカギの野望が心や感情のない世界を作ること。
自身のHPを減らして特攻と素早さを大きく上げる効果。
感情なき世界をつくる
あくうせつだん
同上。
あくうせつさんは先の通り。
バディーズわざでは珍しく急所に当たりやすい効果を持つ。
その分若干威力が低い。