シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケマス元ネタリスト カロス編

【カロス】はマイナーチェンジが無く、1作限り。
演出の面でも戦闘時の台詞が廃止されたりと寂しくなった。
【主人公】はカルムとセレナの2人で全員実装された。

【ジムリーダー】はバージョン違い等の凝った仕様もなく普通に登場。
逆に言うと役職にブレる要素が無いとも言えるか。
一方で【ジムリーダー】に限った話ではないが
【カロス】は使用ポケモンの数が少なく、バディーズ候補が少ないのが難点。

メガシンカが初登場した地方ではあるが
【カロス】のポケモンがほとんどメガシンカに対応していない関係も有り
今のところメガシンカの使い手は少ない。
むしろ他地方のポケモンメガシンカが多い関係で
ナツメやミカン等メガシンカしたことが無いキャラクターが扱っていたりする。


カルム&ニャスパーニャオニクス【カロス】の【主人公】で【エスパータイプ】の《テクニカル》
着せ替えが導入された世代ながら、初期衣装での実装。
【主人公】として選ばれなかった場合にライバルとして登場する。
ニャスパーを使ったり団体行動が苦手だったりとライバル時の設定が強め。
ただしレベルの関係でライバル時はニャオニクスしか使っていない。
進化が後付けで追加されたキャラクター。
チームスキル分類は【主人公】のキャラクター。
帽子の上ながら【サングラス】が採用。
セレナとの専用スキルで【カロスのおとなりさん】も付与された。
サイケこうせんエスパータイプの特殊技で2ゲージ技。
低確率で相手を混乱させる追加効果有り。
ニャスパーのレベル技。
でんじは電気タイプの変化技で2ゲージ技。
相手を麻痺にする効果で命中90も健在。
ニャオニクス♂は変化技を得意とし、カルムのニャスパーも♂。
ニャスパーが覚えるのはわざマシンが必要。
強くなってみせる作中台詞には見当たらず。
負けず嫌いなライバル時の設定を踏まえると割と似合う名称。
自身のHPが低いほど特攻を上げてHPを回復する効果。
パッシブスキル『命中率ダウン無効』特性するどいめの再現。
命中不安技があるため回避率無視の『必中化』にはできず。
想いに触れる
サイコキネシス
作中台詞「ただ ただ 勝つだけでなく オマエたちの 想いに 触れる……」
チャンピオンロードで対峙した際の台詞。
バディーズわざがサイコネシス続きなのは回避出来ず(
サイコキネシスニャオニクスのレベル技。

セレナ&フォッコ
テールナーマフォクシー
【カロス】の【主人公】で【炎タイプ】の《テクニカル》
こちらも初期の衣装での実装。
同じく【主人公】でない場合はライバルとして登場する。
こちらはお菓子作りが得意だったりとライバル時の設定というよりも
アニメの設定にやや引っ張られている感がある。
フォッコもあにぽけにおけるセレナのパートナー。
EX衣装はマフォクシーカラー。
チームスキル分類は【主人公】のキャラクター。
こちらも帽子上の【サングラス】が採用となり、女性キャラでは唯一に。
カルムとの専用スキルで【カロスのおとなりさん】も付与された
お菓子作りが得意と話すも5個制限の関係か
クッキングやスイーツ好きは採用されず。
ほのおのうず炎タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手をバインド状態にする。
フォッコのレベル技。
さいみんじゅつエスパータイプの変化技で2ゲージ技。
相手を眠り状態にする効果で本編より命中が高い。
パッシブスキルもありフォッコの主力技となる。
フォッコが覚えるにはタマゴ技が必要。
オーバーヒート炎タイプの特殊技で3ゲージ技。
使用後特攻が2段階下がる大技。
大味ながらフォッコの技では最も命中が高い。
フォッコが覚えるにはわざマシンが必要。
アタシは負けない作中台詞「もっとも アタシ 負けないけどね」
カルムと同じく《ライバル》時の台詞が採用に。
自身の状態異常を治し
特攻を大きくと命中を上げる技。
全技命中難のフォッコにとっては生命線。
パッシブスキル『変化技異常付与G9』さいみんじゅつを全体化する強力効果。
明日につなげる
マジカルフレイム
作中台詞は確認できず。
勝気キャラが付かなかったのは幸いか(
マジカルフレイムは元マフォクシー専用技。

セレナ&エルフーン
(21シーズン)
【カロス】で【フェアリータイプ】の《テクニカル》
チョコレートのようなビターな衣装で登場。
バディーズはセレナともチョコレートとも関連の薄いエルフーン
チョコレートモチーフのポケモンが居ないので仕方ないか(
EX衣装はエルフーンカラーに。
チームスキル【季節の装い】キャラの為、分類に主人公は付かず。
お菓子作りイベントという事もあり【スイーツ好き】と【クッキング】が採用。
通常時とスキルは大きく変わり、地方以外はバレンタインヒカリと一致した。
ムーンフォースフェアリータイプの特殊技で3ゲージ技。
相手の特攻を下げることがある。
エルフーンのレベル技。
しびれごな草タイプの変化技で2ゲージ技。
相手を麻痺状態にする効果で本編より命中が高い。
ポケマスでは草タイプにも電気タイプにも無効化されない。
エルフーンのレベル技。
わたほうし草タイプの変化技で2ゲージ技。
相手全体の素早さを大きく下げる効果。
こちらもポケマスでは草タイプに無効化されない。
エルフーンのレベル技。
どうぞ召し上がれ!お菓子イベント準拠ながらグルメ感が否めない。
自身の特攻を上げ、次の技のゲージ消費をゼロにする効果。
加えて味方全体の素早さを上げる効果。
パッシブスキル『変化技異常付与G9』通常版セレナと同じスキル。
しびれごなの麻痺を全体化する強力な効果。
ビターでスウィートな
フェアリーレイ
バレンタインセレナはチョコレート要素の担当。
後半部分はムーンフォースで問題ないところだが
新年キャラと同じく汎用技になっている。

ビオラアメタマアメモース【カロス】の【ジムリーダー】で【虫タイプ】の《テクニカル》
ビオラの切り札はビビヨンだが、模様の関係かアメタマに。
あにぽけでもアメタマが目立っていた。
ポケマスではツクシと組んで大会に参加する。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
写真家の面があり【表現者】が採用に。
一方でおとなのおねえさんは付かず。
成年していないというのは個人的に意外な設定。
まとわりつく虫タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手をバインド状態にする効果をもつ。
ビオラから貰えるのがまとわりつくのわざマシン
アメタマが覚えるにはわざマシンが必要。
むしのていこう虫タイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃で相手の特攻を下げる効果。
アメタマが覚えるには第六世代以前のわざマシンが必要。
いいんじゃない!作中台詞「いいんじゃない!いいんじゃないの!」
ビオラに口癖でしょっちゅう発言する。
自身の特防を上げつつ行動時回復効果を付与する守備的な効果。
パッシブスキル『登場時攻撃ダウン1』相手の攻撃を下げる効果。
特性いかくの再現。
なお、いかくになるのはアメモースからだがアメタマでも使える。
レンズ越しに狙う
ぎんいろのかぜ
二つ名『笑顔を 見逃さない カメラガール』に見合う文言。
ぎんいろのかぜはアメモースのレベル技。
最高威力のむしのさざめきが選ばれなかったのは絵的な理由か。

ザクロ&アマルスアマルルガ【カロス】の【ジムリーダー】で【岩タイプ】の《テクニカル》
ザクロの切り札はチゴラスガチゴラス)だが、イメージ優先かアマルスに。
あにぽけでは使われていないのでビオラとは対称的。
進化が後付けで追加されたキャラクター。
こちらも最初から用意されていたビオラとは対称的。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
髪に石を付けることからか【石好き】が採用。
本編のテレビ番組というマニアックな情報から【スイーツ好き】も付与された。
ロッククライマーで細マッチョの設定だが、鍛えた身体は不採用。
がんせきふうじ岩タイプの物理技で2ゲージ技。
相手の素早さを下げる効果。
ザクロから貰えるのががんせきふうじのわざマシン
アマルスが覚えるにはわざマシンが必要。
いわなだれ岩タイプの物理技で全体攻撃の3ゲージ技。
たまに相手を怯み状態にすることがある。
アマルスが覚えるにはわざマシンが必要。
諦めないです!作中台詞「どんな ときでも どんな 相手でも 諦めないこと」
口癖と言うほどでもないが「諦めない」を良く口にする。
わざゲージを増やし、命中を上げて行動時回復効果付与とかなり補助的。
ワイルドマイルド
がんせきふうじ
二つ名『ワイルド マイルド ロッククライマー』
がんせきふうじは先の通り。

コルニ&(メガ)ルカリオ【カロス】の【ジムリーダー】で【格闘タイプ】の《アタッカー》
コルニの切り札はジム戦時はルチャブルとなっているが
マスタータワーではメガシンカの継承者としてメガルカリオを使う。
バトルシャトーではクリア後にメガルカリオを切り札に据える。
ちなみにコルニのルカリオは本編でもポケマスでも♂。
EX衣装はルカリオカラー。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
配布キャラ故か雑めに【熱い闘志】が採用。
とはいえ他に合致するスキルも無いので付いただけ有り難い。
しんくうは格闘タイプの特殊技で1ゲージ技。
ルカリオが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
グロウパンチメガルカリオ時にしんくうはが変化。
格闘タイプの物理技で2ゲージ技。
命中すれば自身の攻撃が上昇する。
コルニから貰えるのがグロウパンチわざマシン
ルカリオはレベル習得できる。
インファイト格闘タイプの物理技で3ゲージ技。
強力な分自身の防御と特防が下がるが、攻撃は下がらないので連発可能なのが強み。
ルカリオのレベル技。
ここが決めどき!作中台詞には関連が見られないポケマスオリジナル。
自身の攻撃と素早さを上げる攻撃的な効果に合わせたか。
パッシブスキル『怯み無効』名称通り。
特性せいしんりょくの再現。
命 爆発!!
グロウパンチ
作中台詞『命 爆発ッ!!』
先の継承者として戦う際に発する台詞。
グロウパンチは先の通り。

フクジ&ウツドンウツボット【カロス】の【ジムリーダー】で【草タイプ】の《テクニカル》
フクジの切り札はゴーゴートだが、ロールの関係かウツドンに。
フクジの手持ちでは唯一最終進化していない。
進化が後付けで追加されたキャラクター。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
庭師という事もあり【自然を愛する者】が採用。
【ベテラン】も付与され、順当と言えるスキルの付き方。
タネマシンガン草タイプの物理技で2ゲージ技の連続攻撃。
ウツドンが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
ねむりごな相手を眠り状態にする草タイプの変化技で2ゲージ技。
ポケマスでは草タイプに無効化されず、本編より強力。
ウツドンのレベル技。
老いてなお花咲く二つ名『今なお 花を 咲かせる 老樹』
攻撃を上げて行動時回復効果を付与する。
老いてなお花咲かす
はっぱカッター
まさかの使い回し。
わざもリーフブレードパワーウィップではなくはっぱカッターに。
カロスのジムリーダーのバディーズわざは威力が低い技が採用されがち。
はっぱカッターはウツボットのレベル技。
ナタネに続いてくさむずびは使われず。

シトロン&エレザード【カロス】の【ジムリーダー】で【電気タイプ】の《テクニカル》
アニメの影響でイメージが薄いがシトロンの切り札はエレザード
背中のガジェットもしっかり装備している。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【眼鏡】のキャラクターでは唯一反射して瞳が見えない。
【機械好き】はフラダリイベントでも活かされた。
エレキネット電気タイプの特殊技で2ゲージ技の全体攻撃技。
相手の素早さを下げる効果も全体化される。
XYでは覚えられない技でエレザードが覚えるにはORAS以降の教え技が必要。
そういう面もありシトロンのポケモンが使ったことは無い。
どろかけ地面タイプの特殊技で1ゲージ技。
自身のタイプと異なる1ゲージ技を持つのは珍しい。
相手の命中を下げる効果がある。
石進化の関係でエリキテル時にしか覚えられない技。
剣盾ではエレザードのレベル技となった。
パラボラチャージ電気タイプの特殊技で2ゲージの全体攻撃技。
こちらは与えたダメージに応じて回復する効果。
エレザードの準専用技でレベル技。
パワーオン!作中台詞「わざマシンを渡すマシン!パワーオン!!」
ややこしいところで「シトロニック・ギア、オン!」はアニオリの台詞。
素早さと回避率を上げ、次回攻撃を確定急所とする効果。
パッシブスキル『晴れ時威力上昇5』名称通り
特性サンパワーの再現。
拡張で得られるスキルも天候関連が多く、エレザードらしい。
未来を切りひらく
10まんボルト
作中台詞「いまこそサイエンスが 未来を 切りひらく とき!」
あにぽけで何度も使われた台詞なので認知度は高い。
10まんボルトはシトロンに勝つと(ユリーカから)貰えるわざマシン
エレザードが覚えるにはこのわざマシンが必要。

マーシュ&ニンフィア【カロス】の【ジムリーダー】で【フェアリータイプ】の《アタッカー》
マーシュの切り札であるニンフィアと共に参戦。
ポケマスではシナリオ加入ながら大会外の所から加入する。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
服飾デザイナーということで【表現者】が採用に。
ポケモンになりたいという発言からか【マイペース】も付与された。
スキル5個制限故かおとなのおねえさんは不採用。
チャームボイスフェアリータイプの特殊技で2ゲージ技。
相手全体を攻撃でき、必中なのが強み。
ニンフィアのレベル技。
ドレインキッスフェアリータイプの特殊技で2ゲージ技。
与えたダメージの1/10を回復する効果がある。
本編と異なり他の吸収技と回復率は変わらない。
ニンフィアのレベル技。
ふんわりはんなり作中台詞「うちの ポケモンたち ふんわり はんなり 強いんよ」
自身の特防と素早さを上げる効果。
歴史の国から来た
マジカルシャイン
二つ名「歴史の国から 来た 乙女」
ジョウト地方の出身で京都弁を喋る。
マーシュから貰えるのがマジカルシャインわざマシン
ニンフィアわざマシンを使って覚えられる。

ウルップ&クレベース【カロス】の【ジムリーダー】で【氷タイプ】の《アタッカー》
ウルップの切り札は一貫してクレベース
ポケマスでのライバルであるキリヤを導く形でガンピと共に大会に参加する。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【氷タイプ】では2人目となる【ベテラン】が採用。
『熱く 暑い 堅氷』の二つ名からか【熱き闘志】も付与された。
こおりのキバ氷タイプの物理技で2ゲージ技。
僅かな命中不安、氷と怯みの追加効果の個性は健在。
クレベースのレベル技。
ゆきなだれ氷タイプの物理技で2ゲージ技。。
溜め技のような扱いでワンクッション開けて攻撃する。
その間にダメージを受けると威力が倍となる。
クレベースのレベル技。
あれだよウルップの口癖にして迷台詞。
どうアレンジするかと思いきやそのままとは・・・(
ターゲットを自身に向け防御を上げる効果。
アタッカーとはマッチし辛いが、ゆきなだれを活かせる効果に。
パッシブスキル『こんらん無効』名称通り。
特性マイペースの再現。
砕かれやしない
ゆきなだれ
作中台詞『あれだよ あれ おみごとだよ! 堅い 氷を 砕きやがったな!』
ちょっと抜き出しただけでもあれだよが入る
ゆきなだれは先の通り。
ちなみにウルップに貰えるわざマシンれいとうビーム

【カロス】の【四天王】もイベントが少なく
強化四天王がない唯一の世代でバディーズ候補も少ない。
とはいえガンピ以外の3人は突然キレるキャラクターとして有名で
設定面で頭角を示せれば面白くなるだろうか。
【チャンピオン】のカルネがタイトル画面に居るものの未実装が続いていたが
1.5周年でようやく実装される予定。

【バトル施設の強者】がバトルハウスの長4姉妹が該当。
分類スキルも確立されたため、実装が期待される。
【悪の団】であるフラダリや博士であるプラターヌと
実装キャラクターが増えているのは良い傾向。

ズミ&ブロスター【カロス】の【四天王】で【水タイプ】の《アタッカー》
【四天王】のズミの切り札はガメノデスだが、特殊技を使う措置かブロスターに。
幸いバトルシャトーでもブロスターは手持ち入りしている。
チームスキル分類は【四天王】のキャラクター。
料理人という面もあり【クッキング】が採用に。
痴れ者発言の短気さからか【熱き闘志】も付与された。
みずのはどう水タイプの特殊技で2ゲージ技。
稀に相手を混乱状態にすることがある。
ブロスターの特性メガランチャーに対応する技で
ブロスターのレベル技。
はどうだん格闘タイプの特殊技で2ゲージ技。必中効果。
こちらもメガランチャーに対応する技。
思いだし限定ながらブロスターのレベル技。
まさに芸術!作中台詞「そこに 全身全霊を 打ちこむ 生き様は まさに 芸術」
下記の質問で「はい」と答えた際の台詞。
自身のHPを回復し、行動後回復効果の付与と急所率を上昇させる。
シェフの芸術たりえる
みずのはどう
作中台詞「ポケモン勝負は 芸術 足りえるでしょうか」
「いいえ」と答えると屈指の迷台詞「この 痴れ者 が!」が聞ける。
みずのはどうは先の通り。

ズミ&オクタン
(19シーズン)
【カロス】で【水タイプ】の《テクニカル》
クリスマスイベントのおもてなし衣装で登場。
元々が正装なので色合いが違う程度で印象は変わらない。
料理人としてクリスマスを盛り上げる。
ズミはオクタンを使ったことが無いが、カロスには生息している。
ブロスターといい食材系のポケモンが選ばれている。
チームスキル【季節の装い】キャラの為、分類に四天王は付かず。
引き続き【クッキング】が採用され、クリスマスメイにも伝播した。
クリスマスメイの衣装のデザイナーを務めたことからか【表現者】が付与された。
オクタンほう水タイプの特殊技で2ゲージ技。
高確率で相手の命中を下げる追加効果がある。
オクタンの名を冠するがオクタン以外も覚えられる技。
オクタンのレベル技。
ねっとう水タイプの特殊技で3ゲージ技。
追加効果は火傷でオクタンほう程ではないが確率が高め。
オクタンが覚えるにはわざマシンが必要。
妥協はしません!作中台詞にはないが、ズミが言いそうな台詞。
自身の防御と特攻を上昇させる。
パッシブスキル『攻撃時ランダムアップ4』特性ムラっけの再現。
メインディッシュな
オクタンほう
料理人のズミらしいバディーズわざ。
オクタンほうは先の通り。

ガンピ&ギルガルド【カロス】の【四天王】で【鋼タイプ】の《テクニカル》
四天王時のガンピの切り札はギルガルド
ポケマスでのライバルであるキリヤを導く形でウルップと共に大会に参加する。
チームスキル分類は【四天王】のキャラクター。
西洋甲冑の重さを考慮してか【鍛えた身体】が採用に。
暑苦しいまでの性格から【熱き闘志】も付与された。
ジャイロボール鋼タイプの物理技で2ゲージ技。
威力固定ながら素早さが上がっている相手には威力倍という効果に。
ギルガルドが覚えるにはわざマシンが必要。
キングシールド特殊な仕様を持つ鋼タイプの変化技
2ゲージ技で防御状態になって相手の攻撃技を無効化する効果。
その際物理技だった場合相手の攻撃を下げるという効果になった。
(本編では接触技だった場合に相手の攻撃を下げる)
2回しか使えず、下記のバトルスイッチに対応する。
ギルガルドの専用技。
アイアンヘッド鋼タイプの物理技でこちらは3ゲージ技。
怯みの追加効果があり、ギルガルドのメインウェポン。
石進化なので思いだしになるがギルガルドのレベル技。
はがねの輝きよ!ポケマスオリジナルの文言ながら鋼の鎧を着こむガンピにはピッタリ。
ブレードフォルムの場合は攻撃と急所率を上昇させ
シールドフォルムの場合は防御と特防を上昇させる効果。
シールドフォルムでスタートする為やや噛み合わせは悪い。
パッシブスキル『バトルスイッチ』特性バトルスイッチの再現。
攻撃技を選ぶとブレードフォルムに
キングシールドを選ぶとシールドフォルムにチェンジ。
ポケマスでもフォルムに応じてステータスが変化するのは変わらず。
はがねの騎士道
アイアンヘッド
正々堂々を誓って戦うガンピらしいバディーズわざ。
アイアンヘッドは先の通り。

フラダリ&イベルタル【カロス】の【悪の団】で【飛行タイプ】の《アタッカー》
USUMではバージョンによってゼルネアス、イベルタルを使ってくるが
衣装の色に合うイベルタルが選ばれたか。
専用特性が悪タイプで専用技が飛行タイプのイベルタルだが
専用技を重んじてかメインは【飛行タイプ】が採用された。
EX衣装はイベルタルカラー。
チームスキル分類は【悪の団】のキャラクター。
原作でメカを操ることから【機械好き】が採用に。
同時実装されたプラターヌとの専用スキルで【かつての友】が付与された。
デスウイング飛行タイプの特殊技で4ゲージ技。
与えたダメージの1/10を回復する。
イベルタルの専用技でレベル技。
あくのはどう悪タイプの特殊技で3ゲージ技。
相手を怯ませることがある。
イベルタルのレベル技。
世界を破壊する!XYにおけるフラダリは『最終兵器』による世界の破壊が目的。
世界を破壊するフラダリと広げるプラターヌで対になっている。
自身のわざゲージを上昇させ
バディーズわざのカウントを1つ減らし
自身の急所率を大きく上げる。
反面防御と特防が下がる。
カウントを減らす効果でははじめて2回使用できる。
パッシブスキル『Bわざ後HP回復1』
バディーズわざにデスウイングを使用したため、回復効果を付与。
性質上回復量は与えたダメージの影響を受けず、割合回復。
パッシブスキル『悪技威力上昇5』特性ダークオーラの再現。
ただし効果は全体ではなく自身のみ。
醜い世界を一新する
デスウイング
先の通りフラダリの目的は世界の破壊。
デスウイングは先の通り。

プラターヌ&ゼルネアス【カロス】で【フェアリータイプ】の《サポート》
【カロス】における博士キャラクター。
博士キャラクターでは初となる作中のバトルが存在するが
伝説のポケモン関連のイベントには登場せず、ゼルネアスとの絡みは初となる。
チームスキル博士キャラクターの為分類なし。
【豊富な知識】と博士キャラ共通の【研究者】が採用に。
同時実装されたプラターヌとの専用スキルで【かつての友】が付与された。
マジカルシャインフェアリータイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃で追加効果はない。
ゼルネエスが覚えるにはわざマシンが必要。
ムーンフォースフェアリータイプの特殊技で3ゲージ技。
相手の特攻を下げることがある。
ゼルネアスのレベル技。
ウッドホーン草タイプの物理技で3ゲージ技。
与えたダメージの1/10を回復する。
ゼルネアスのレベル技。
世界は広がる!作中台詞「なにが 大事かを 考えることで きみたちの 世界は 広がるんだ!」
世界を広げるプラターヌと破壊するフラダリで対になっている。
味方全員のわざゲージを加速させ
状態異常を回復し、行動時回復効果を付与する効果。
1度しか使えないトレーナー技。
パッシブスキル『フェアリー技威力上昇5』特性フェアリーオーラの再現。
ただし効果は全体ではなく自身のみ。
グッドポイントな
ジオコントロール
作中台詞「それが グッときた つまり グッド ポイント なわけ!」
ヒガナもパクってか同じ台詞があり、ポケマスではボイス付き。
イーブイに続いてダメージのないバディーズわざ。
味方全体のわざゲージを回復し
味方全体の特攻、特防、素早さを上昇させる効果。
わざレベル(いわゆる同凸)に応じて上昇量が大きくなる。
ジオコントロールはゼルネアスの専用技でレベル技。