シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケマス元ネタリスト ジョウト編

ジョウト)の【主人公】はマイナーチェンジ版(クリスタル)とリメイク版(HGSS)で女主人公が異なる。
クリスタルのクリスと、HGSSのコトネが居るが、ポケマスでは双方を実装。
まさにドリームチームと言える様相となった。
男主人公であるヒビキは各作品でデザインが大きく変わらず【主人公】は出揃った。

ジョウト】の【ジムリーダー】はマイナーチェンジやリメイクでも変わらず。
一方で【カントー】と比べると本編の登場回数が半減。
キャラクター付けとしては【カントー】よりやや弱い。
ジョウト】のポケモン自体が多くないという事もあり
使用ポケモンの面は他地方のポケモンも多く採用されている。
デザインは最も新しいHGSSのデザインで統一されている。
(BW2はHGSSのデザインの流用)

クリス&ワニノコ
アリゲイツオーダイル
ジョウト】の【主人公】で【水タイプ】の《アタッカー》
クリスタルでのみの登場する女主人公。
クリスはクリスタルにおけるデフォルトネーム。
(ただし男主人公も同じデフォルトネーム)
クリスタルにしか登場せず、選ばなかった場合は一切登場しない。
ワニノコは最初に博士から貰えるポケモン
あにぽけで同デザインのマリナがアリゲイツを持っていた縁もあるか。
チームスキル分類は【主人公】のキャラクター。
見た目から【二つ結び】が採用され
ポケマスでは【豊富な知識】のキャラ付けがされた。
たきのぼり水タイプの物理技で2ゲージ技。
20%で相手を怯み状態にする追加効果がある。
ワニノコわざマシンを使わないと覚えられない。
隠れ特性ちからずくの恩恵もありワニノコと相性のいい技。
メガトンキックノーマルタイプの物理技で3ゲージ技。
パッシブスキルで水タイプ化して運用する。
追加効果のない通常攻撃。
命中面に大きな難がある技。
ワニノコが覚えるには第三世代限定の教え技が必要。
もっと飛ばすわよ作中では喋らないのでポケマスオリジナル。
自身の素早さを2段階上げる効果。
加えて次回攻撃に必中と急所確定を付与する。
清き心に導かれし
アクアテール
確認は不十分ながら『清き心』という文言が見つからず。
一応ホウオウの図鑑には『正しき心』の文言があるが・・・
『クリスタル』『水使い』のイメージには合うバディーズわざ。
アクアテールは水物理最高威力でオーダイルのレベル技。

コトネ&チコリータ
ベイリーフメガニウム
ジョウト】の【主人公】で【草タイプ】の《サポート》
HGSSでのみの登場する女主人公。
本編で男主人公を選んだ場合サポートキャラのコトネとして登場する。
チコリータは最初に博士から貰えるポケモン
あにぽけでコトネが登場した際にチコリータを連れていた縁もあるか。
チームスキル分類は【主人公】のキャラクター。
こちらも【二つ結び】が採用。
HGSSの施設である【ポケスロン】も付与された。
エナジーボール草タイプの特殊技で2ゲージ技。
10%で相手の特防を1段階下げる追加効果がある。
チコリータが覚えるにはわざマシンが必要。
ひかりのかべエスパータイプの変化技で3ゲージ技。
味方全体への特殊技を軽減する効果で2回まで使える。
ポケマスでもダブルバトル時の2/3程の効果な模様。
チコリータのレベル技。
あがっていくよ!確認は不十分ながら関連する文言は見つからず。
攻撃、特攻、素早さを1段階上げる効果。
日差しが強いと2段階上昇と効果が大きくなる。
せいちょうに近い効果ながらチコリータは覚えられなかったり。
パッシブスキル『晴れ時異常無効』名称通り。
隠れ特性リーフガードの再現。
きらめくハートの
リーフストーム
コトネが登場するソフト『ハートゴールド
コトネが指でハートを描くモーションに
リーフストームにもハートと凝ったエフェクトに。
メガニウムが覚えるにはタマゴ技が必要。

コトネ&プリン
(20シーズン)
ジョウト】で【フェアリータイプ】の《アタッカー》
カラーリングを水色に変えて夏らしい浴衣姿で登場。
イベントが音楽フェスの要素がある為、歌が得意なプリンがチョイス。
あいにくジョウトにプリンは居ないが、悪くはない組み合わせと言える。
プクリンに進化することはできないが、バディーズわざも完備している。
EX衣装はプリンカラーのピンク。
チームスキル【季節の装い】の為主人公は付かず。
通常版と同じく【二つ結び】と【ポケスロン】が採用。
マジカルシャインフェアリータイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃で追加効果のないの通常攻撃。
プリンが覚えるにはわざマシンが必要。
じゃれつくフェアリータイプの物理技で3ゲージ技。
10%で相手の攻撃を1段階下げる追加効果がある。
やや命中が低いのが難点。
プリンが覚えるようになったのはピカブイのわざマシンから。
剣盾では鎧の孤島で追加され、わざレコードで覚えられる。
オン ステージ!コンテスト形式のイベントに引っ張られたオリジナル。
自身のわざゲージを2回復し、攻撃と特攻を1段階上げる効果。
自身が眠り状態の場合効果が倍になり
自身のHPを最大HPの40%回復し、眠り状態を回復する。
レベル技でもあるねむるを意識した効果か。
パッシブスキル『相手にB技後ねむり付与』バディーズわざを成功させた時、相手を眠りにする。
プリンの代名詞でもあるうたうを意識した効果。
キュートにパワフルな
チャームボイス
コンテストのかわいさ部門(キュート)とたくましさ部門(パワフル)
ジョウトのコトネにはやや馴染みは薄いが、コンテストからの拝借は個人的に嬉しい(
チャームボイスはプリンが最初に覚えるフェアリー技。
音技でもある為、イベントにも似合うわざが採用された。

ヒビキ&ヒノアラシ
マグマラシバクフーン
ジョウト】の【主人公】で【炎タイプ】の《アタッカー》
HGSSの男主人公だが、金銀クリスタルの男主人公も大筋のデザインは同じ。
HGSSで女主人公を選んだ場合、サポートキャラのヒビキとして登場。
ヒノアラシは最初に博士から貰えるポケモン
チコリータワニノコと消化済みなので消去法でヒノアラシとなったか。
EX衣装はヒノアラシの色合いに近い。
チームスキル分類は【主人公】のキャラクター。
同じくHGSSの施設である【ポケスロン】が採用された。
かえんほうしゃ炎タイプの特殊技で2ゲージ技。
10%で相手を火傷状態にする追加効果がある。
ヒノアラシのレベル技。
ふんか炎タイプの特殊技で3ゲージ技。
全体攻撃で残りHPが減るほど威力が下がる部分も再現。
ポケマスのゲーム性から原作より扱いやすい技。
ヒノアラシのレベル技。
あきらめないよ!こちらも作中台詞は見つからず。
自身のHPを最大HPの40%回復し
自身の素早さと回避率を1段階上げる効果。
ふんかの性質上少しでもダメージを受けたくないので相性は良い。
駆け抜ける情熱の
ふんか
ポケマス主人公が『走り出す情熱の かみなり』なので被っている(
コトネに対応して『かがやくソウル』辺りでも良かった気もするが・・・
ふんかは先の通り。

シルバー&ホウオウジョウト】の【ライバル】で【炎タイプ】の《アタッカー》
金銀クリスタル/HGSSの【ライバル】として登場。
ポケモンを奪ったりと悪事に手を染めるが
ヒビキ(コトネ)やワタルと関わり最終的には改心する。
ポケマスでは改心した状態でニューラを連れて登場。
ヒビキに振り回される形でホウオウ探しに付き合い
最終的にホウオウに認められ、バディーズを組んで加入する。
本編でのホウオウイベントには全く関わっていない為、予想外のバディーズとなった。
一応ポケスタ金銀でホウオウを使った縁はある。
リーフと同じくデフォルトネームが最近設定されたキャラクター。
チームスキル分類は【ライバル】のキャラクター。
竜の穴でのタッグイベントで【タッグバトル】が採用に。
サカキとの専用スキルで【因縁の親子】も付与された。
オーバーヒート炎タイプの特殊技で3ゲージ技。
使用後自身の特攻を2段階下げる。
ホウオウが覚えるにはわざマシンが必要。
ソーラービームこちらは草タイプの特殊技で2ゲージ技。
攻撃までラグがある溜め技だが、2ゲージ技としては破格の威力。
ひざしがつよいと溜め無しで強力になる。
現代でこそ炎タイプのサブウェポンとして浸透したが
登場時(金銀)はソーラービームを使える炎タイプは珍しかった。
ホウオウが覚えるにはわざマシンが必要。
せいなるほのお炎タイプの物理で3ゲージ技。
50%で相手を火傷状態にする追加効果がある。
自身の氷状態を解除して使える効果もしっかり実装された。
ホウオウの元専用技でレベル技。
負かしてやるさ本編に近いセリフは見つからずポケマスオリジナル。
自身の回避率と急所率を1段階上げる効果で
天候がひざしがつよいだと効果が倍になる。
同じく伝説イベントで実装された父親であるサカキと効果が似ている。
パッシブスキル『Bわざ後晴れ化』
バディーズわざを使うと天候がひざしがつよいになる。
天候操作は得意分野ではないが、伝説のポケモンらしい効果を持つ。
パッシブスキル『晴れ時威力上昇6』
『晴れ時技ゲージ加速2』
天候がひざしがつよいと強化される効果。
上記のスキルの効果と非常に相性が良い。
最強を志して挑む
せいなるほのお
(本編では手段を選ばず)最強を志すシルバーらしいバディーズわざ
せいなるほのおは先の通りホウオウを代表する技。

ツクシ&(メガ)スピアージョウト】の【ジムリーダー】で【虫タイプ】の《アタッカー》
ツクシの切り札は一貫してストライク(ハッサム)だが、ポケマスではスピアーに。
スピアーを使ったことのある唯一のキーキャラクター故の選出か。
もちろんメガスピアーを使うのは初。
手持ちポケモンの性別は金銀では♂で統一
HGSSでは♀で統一されていたがポケマスでは♂が採用された。
ポケマスでは同じ虫使いのビオラと組んで参加する。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
博士志望ということで【豊富な知識】と【研究者】の2つが採用。
知識の面でオーキドを越えてしまった
とどめばり虫タイプの物理技で2ゲージ技。
この技で相手を倒すと攻撃が3段階上がるという珍しい効果を持つ。
ちなみに第七世代で威力と上昇幅が上がっており、ポケマスでも3段階上昇。
スピアーのレベル技。
ダブルニードル虫タイプの物理技で2ゲージ技。
連続攻撃ながら、確定2回攻撃。
20%の確率で相手を毒状態にする追加効果があり
2回攻撃のそれぞれに乗るという部分も再現された。
スピアーのレベル技。
現代でも使い手は少ないスピアーの元専用技。
研究の成果だよ!オーキドを尊敬し研究家を目指すという設定を反映。
素早さを1段階、回避率を3段階上げる効果。
むしポケ大百科が選ぶ
ダブルニードル
二つ名『あるく むしポケ だいひゃっか』
ダブルニードルは先の通りスピアーの元専用技。
他のバディーズわざと同じく攻撃回数は1回。
癖が強いからかれんぞくぎり、とんぼがえりは選ばれず。

ツクシ&ストライク
(イベント)
ジョウト】の【ジムリーダー】で【虫タイプ】の《サポート》
デザインは変わらないが、使用ポケモンとロールが変更に
他のバディーズ違いと異なり、イベント入手という形となった。
ストライクはツクシの切り札となるポケモン
岩弱点の関係もあってか進化は実装されなかった。
なお、ストライクも性別は♂が採用に。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【豊富な知識】と【研究者】のチームスキルは据え置き。
にらみつけるノーマルタイプの変化技で1ゲージ技。
全体攻撃で相手の防御を1段階下げる。
《サポート》ながらデバフ技を扱えるのは心強い。
ストライクのレベル技で基本技。
ジム戦でのストライクが覚えている技。
れんぞくぎり虫タイプの物理技で1ゲージ技。
連続で使うと威力が上がる珍しい性質を持つ攻撃技。
ストライクのレベル技。
金銀でツクシから貰えるわざマシンがれんぞくぎり。
徹底的に調べよう!作中台詞「きみも すきな ポケモン てっていてきに しらべたら どう?」
味方全員のわざゲージを加速させる効果と
味方全体の急所率を1段階上げる効果。
まだまだ研究する
バグインパク
作中台詞「まだまだ けんきゅう することが いっぱい あるんだよ」
デザイン流用ということもあってか後半部分は汎用扱い。

アカネ&ミルタンクジョウト】の【ジムリーダー】で【ノーマルタイプ】の《テクニカル》
アカネの切り札は一貫してミルタンク
ポケマスでもSM発言は健在。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【二つ結び】が採用され
参加経験から【ポケスロン】も付与された。
のしかかりノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
30%で相手を麻痺状態にする追加効果がある。
再戦時やBW2で使うことが多いミルタンクのメインウェポン。
ミルタンクのレベル技。
ふみつけノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
30%で相手を怯み状態にする追加効果がある。
先制できなければ怯みゲーしてくるコガネジムの壁の1つ。
ミルタンクのレベル技。
めっちゃつよいで!作中台詞「え? うちに ちょうせん するの?
ゆうとくけど うち めっちゃ つよいでー!」
HPを最大HPの40%回復し、防御を2段階上げる効果。
ミルクのみやまるくなるでミルタンクらしい効果と言える。
めっちゃプリティに
ころがってたいあたり
二つ名『ダイナマイト プリティ ギャル』
ころがるはどんどん威力が上がるコガネジムの壁の1つでみんなのトラウマ。
たいあたりはミルタンクの基本技。
コガネジムのトラウマを入れつつノーマル技で仕上げる結果に。
メロメロは変化技なので使われず。

マツバ&フワライドジョウト】の【ジムリーダー】で【ゴーストタイプ】の《アタッカー》
マツバの切り札はゲンガーだが、キクコで実装済み。
他にもゴースト使いが軒並み実装されて使用ポケモンの見当が付かなかったが
HGSSの強化ジムリーダー時に使うフワライドをバディーズとして参戦した。
EX衣装は白が採用に。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【マフラー】が採用され
千里眼からか【不思議なチカラ】も付与された。
シャドーボールゴーストタイプの特殊技で3ゲージ技。
20%で相手の特防を1段階下げる追加効果がある。
弱技が3ゲージという珍しい構成に。
フワライドのレベル技。
ゴーストダイブゴーストタイプの物理技で速攻技。
命中判定が消えるタイプの溜め技。
バディーズわざは回避出来ず、溜めも解除されるのが難点。
速攻技は共通して3回の回数制限がある。
フワライドのレベル技で進化時に覚える。
ぼくにはみえる作中台詞「ぼくに みえるのは
このちに でんせつの ポケモンを よびよせる じんぶつの かげ……」
修行の結果人に見えないものが見えるようになった。
攻撃を2段階上げ、特攻と回避率を1段階上げる効果。
自身が状態異常の場合は能力上昇が倍化される。
倍化効果は隠れ特性のどくぼうそうを意識したか。
パッシブスキル『HP半減時素早さ↑2』特性かるわざの疑似再現。
パッシブスキル『ひんし時ばくはつ』ひんし時にだいばくはつを使う。
フワライドのレベル技。
パッシブスキル『交代時能力引継』わざバトンタッチの再現。
通常は交代時に能力がリセットされるが、引き継がれる効果。
フワライドのレベル技。
千里眼を持つ修験者の
ゴーストダイブ
二つ名『せんりがんを もつ しゅげんじゃ』
ゴーストダイブは先の通り。

マツバ&ムウマージ
(バトルポイント)
ジョウト】の【ジムリーダー】で【ゴーストタイプ】の《サポート》
デザインは変わらないが、使用ポケモンとロールが変更に。
相変わらず切り札のゲンガーではないが
ムウマージの進化前であるムウマジョウトポケモン
切り札よりも地方色を優先したと言えるだろう。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【マフラー】と【不思議なチカラ】のチームスキルは据え置き。
おどろかすゴーストタイプの物理技で1ゲージ技。
30%の追加効果で相手を怯ませることがある。
ムウマージのレベル技。
あやしいひかりゴーストタイプの変化技で2ゲージ技。
相手を混乱状態にする。
ムウマ時のレベル技。
相手になろう!作中台詞「かようびの よる でんわを してくれれば
ぼくは いつでも あいてになろう!」
まさかのポケギア電話イベントからの出典。
味方全体の防御と特防を2段階上げる効果。
パッシブスキル『HP回復技回復量↑1』
キズぐすりでの回復量を増やす効果。
信じて修行を続ける
ゴーストレイ
作中台詞「ぼくは その いいつたえを しんじ うまれたときから ここで
ひみつの しゅぎょうを してきた」
デザイン流用ということもあってか後半部分は汎用扱い。
技は物理ながらバディーズわざはイメージ通りの特殊分類。

ミカン&(メガ)ハガネールジョウト】の【ジムリーダー】で【鋼タイプ】の《サポート》
シリーズ初となる鋼タイプの使い手で切り札は一貫してハガネール
鋼使いという事もあり、受けて立つ戦い方は得意でサポート役もピッタリ。
メガハガネールを使うのははじめてだが、違和感はない。
ハガネールは金銀とポケスタ金銀では♂、HGSSでは♀となっていたが
ポケマスでは♀が採用されている。
EX衣装は元の衣装を反転させたような配色。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
ジョウトの施設である【ポケスロン】が採用され
シンオウ遠征時に参加した【コンテスト】も付与された。
一方で二つ結びやおとなのおねえさんは5個制限からか不採用。
ジャイロボール鋼タイプの物理技で2ゲージ技。
ポケマスでは相手の素早さが上がっていると威力が倍という効果に。
本編では素早さの低いハガネールとの相性が非常に良い技。
ハガネールが覚えるにはわざマシンが必要
アイアンテール鋼タイプの物理技で3ゲージ技。
30%で相手の防御を1段階下げる追加効果がある。
大きな命中難を抱えるのはポケマスでも変わらず。
ミカンから貰えるのがアイアンテールわざマシン
現代のハガネールはレベル習得できる。
シャキーン!作中台詞「あたしは ジムリーダーの ミカン つかう ポケモン
シャキーン!!
は…… はがねタイプ です」
HGSSで追加された台詞で金銀では異なる台詞となる。
味方全体を急所防御状態と能力下降防御状態にする。
ただし自身の技で下がる能力(インファイトなど)は防げない模様。
パッシブスキル『無傷登場時こらえる』特性がんじょうの再現。
鉄壁ガードの
アイアンテール
二つ名『てっぺき ガードの おんなのこ』
アイアンテールは先の通りミカンの代名詞的な技。

ヤナギ&パウワウジュゴンジョウト】の【ジムリーダー】で【氷タイプ】の《アタッカー》
ヤナギの切り札はイノムーマンムー)だが、ポケマスではパウワウに。
ポケマスでは使用タイプとポケモンのタイプが一致しないケースとなった。
パウワウは水単タイプ。ただし弱点は電気でポケカの二の舞は避けた)
幸いヤナギはジム戦時にパウワウを使用する。
ポケマスでは4つ目のバッジをかけて戦う。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【マフラー】が採用されたが、意外と【氷タイプ】では唯一。
経験から【ベテラン】も付与された。
れいとうビーム氷タイプの特殊技で2ゲージ技。
10%で相手を氷状態にする追加効果がある。
パウワウのレベル技。
こごえるかぜ氷タイプの特殊技で3ゲージ技。
全体攻撃で当たった相手の素早さを1段階下げる効果がある。
金銀でヤナギから貰えるのがこごえるかぜのわざマシン
パウワウれいとうビームよりも先にレベルアップで覚える。
きびしさがたりん二つ名『ふゆの きびしさを おしえるもの』
作中台詞としてはありそうでなかった。
自身の特攻と特防を2段階上昇させる。
冬の厳しさを教える
オーロラビーム
同上。
オーロラビームはジュゴンのレベル技。
ヤナギのジュゴンが覚えていることが多い。

イブキ&キングドラジョウト】の【ジムリーダー】で【ドラゴンタイプ】の《アタッカー》
HGSSの再戦時を除いてイブキの切り札はキングドラ
精神的に未熟な面はポケマスでも健在でカンナと組んで参加する。
チームスキル分類は【ジムリーダー】のキャラクター。
【ドラゴンタイプ】の代名詞でもある【マント】が採用され
ワタルとの専用スキルで【ドラゴン使いのいとこ】も付与。
一方おとなのおねえさんが不採用なのは5個制限か未熟さ故か・・・
りゅうのいぶきドラゴンタイプの特殊技で2ゲージ技。
30%で相手を麻痺状態にする追加効果がある。
金銀でイブキから貰えるのがりゅうのいぶきのわざマシン
現在キングドラが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
りゅうせいぐんドラゴンタイプの特殊技で3ゲージ技。
威力は高いが使用後に自身の特攻を2段階下げてしまう。
本編では技教え限定となるドラゴンタイプの奥義。
キングドラが覚えるにはこの教え技が必要。
勝つのはわたし!HGSSにおけるピンチ時の台詞
「うそー!? かつのは わたし! そう きまってるのよ!」
下がった能力を元に戻し、急所率を1段階上げる効果。
バフを積んで攻撃したいポケマスでは微妙に噛み合いが悪い。
パッシブスキル『雨時わざゲージ加速2』名称通り。
特性すいすいの再現ながら、自身はあまごいを使えない。
全力でぶつかる
りゅうのはどう
作中台詞「どんな あいて だって ぜんりょくで ぶつかって あげる!
HGSSにてイブキから貰えるのがりゅうのはどうわざマシン
キングドラは使わずともレベル習得できる。

ジョウト】の【四天王】は全員実装されたのに地方スキル持ちが2人しか居ない。
シバは初代からの続投なので【カントー】になるのは仕方ないが
金銀で【ジムリーダー】から昇格したキョウが【カントー】と紛らわしい状況に。
ワタルも【カントー】の【チャンピオン】となっており、統一性がまるでない。
ただし、【四天王】が所属するセキエイ高原は【カントー】の地名となるため
修正するならイツキとカリンの地方を【カントー】にするのが正しいと言える。

バトル施設はクリスタルでバトルタワーがシリーズ初登場。
しかしながら専門キャラクターは登場せず、【バトル施設の強者】はまだ居ない。
HGSSではPtのバトルフロンティアをキャラクターごと流用したため
【バトル施設の強者】は【シンオウ】扱いとなる。

分類なしキャラクターも未実装。
僅かながら候補は居るので、実装を待ちたいところ。

イツキ&ネイティオジョウト】の【四天王】で【エスパータイプ】の《テクニカル》
イツキの切り札は一貫してネイティオ
手持ちポケモンの性別は金銀では♂
HGSSでは♀を重視していたがポケマスでは♀が採用された。
カリンと共に大会に参加し、ギーマを受け入れ主人公達と対峙した。
チームスキル分類は【四天王】のキャラクター。
他のチームスキルなしの不遇が続いていたが
新設となる【マスク】のチームスキルが採用された。
アシストパワーエスパータイプの特殊技で2ゲージ技。
自身の能力が上がっているほど威力が上がる。
ネイティオのレベル技。
あやしいひかりゴーストタイプの変化技で2ゲージ技。
相手を混乱状態にする。
ネイティオのレベル技。
イツキのネイティオが良く使ってくる。
エアスラッシュ飛行タイプの特殊技で2ゲージ技。
30%で相手を怯み状態にする追加効果がある。
ネイティオのレベル技。
力は無限!HGSSにおけるピンチ時の台詞
「ゼロでなければ ちからは むげん まだ ボクは あきらめないよ!」
相手の能力上昇をコピーして倍にする効果。
アシストパワーとの相性がバツグン。
ゼロでない無限の
サイコキネシス
同上。
サイコキネシスネイティオのレベル技。
イツキのポケモンはほぼサイコキネシスを覚えている。

カリン&(メガ)ヘルガージョウト】の【四天王】で《アタッカー》
カリンの切り札は基本はヘルガー
世代の関係上メガヘルガーを使うのはポケマスが初。
変化技を用いた狡猾な戦術を好むがポケマスではアタッカーに。
イツキと共に大会し、ギーマを受け入れ主人公達と対峙した。
チームスキル分類は【四天王】のキャラクター。
イメージ通りの【おとなのおねえさん】が採用された。
かみつく悪タイプの物理技で2ゲージ技。
30%で相手を怯み状態にする追加効果がある。
ヘルガーのレベル技。
あくのはどうメガヘルガー時にかみつくが変化。
悪タイプの特殊技で3ゲージ技。
30%で相手を怯み状態にする追加効果がある。
ヘルガーが覚えるにはわざマシンが必要。
バークアウト悪タイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃で当たった相手の特攻を1段階下げる効果がある。
こちらも習得にはわざマシンが必要。
楽しませて!作中台詞「がんばってあたくしを たのしませて ほしいものね じゃ はじめましょ!」
自身のHPが減っているほど特攻を上げる効果。
好きなポケモンが放つ
あくのはどう
ポケモン界隈以外でも有名な名台詞。
「つよい ポケモン よわい ポケモン そんなの ひとの かって
ほんとうに つよい トレーナーなら すきな ポケモンで かてるように がんばるべき」
あくのはどうは先の通り。

カリン&ブラッキー
(バトルポイント)
ジョウト】の【四天王】で《アタッカー》
デザインは変わらないがで使用ポケモンが変更に。
HGSSの強化四天王ではブラッキーが切り札に。
ポケマスではブラッキーを扱うシーンが多くを占める。
チームスキル分類は【四天王】のキャラクター。
【おとなのおねえさん】のチームスキルは据え置き。
だましうち悪タイプの物理技で2ゲージ技。
追加効果のない必中技
ブラッキーのレベル技。
すてみタックルノーマルタイプの物理技で3ゲージ技。
与えたダメージの1/4を反動ダメージとして受ける。
ブラッキーはパッシブスキルで悪タイプ化して運用する。
スキルで軽減されるとはいえ反動は痛い。
ブラッキーのレベル技。
素敵でしょ?作中台詞「なりふり かまわぬ たたかいを とくいに しているの
どう? すてき でしょ?」
自身の攻撃を2段階上げ、行動時回復効果を付与する。
パッシブスキル『反動ダメージ軽減5』
すてみタックルの反動を半減する。
半減でも与ダメージの1/8なので十分痛い。
パッシブスキル『ひるみ無効』
隠れ特性せいしんりょくの再現
ワイルドでタフな
ダークインパク
作中台詞「ワイルドで タフな かんじ すてき でしょ?」
上記と同じ場面の金銀時の台詞が採用に。
デザイン流用ということもあってか後半部分は汎用扱い。