シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

道オフ・オンライン大会「ヒガンバナ杯」

遅くなりましたがお疲れ様でした。
あいにくマルチは出来ず仕舞いでしたが
偶数人だったので進行もスムーズに行えました(
トラブルも起こらず無事に終えられて何よりでした。

結果は3すくみを制してドラハンさんが優勝でした。
見直すと自分の倒したポケモンの数が10体だったらそこもイーブンと厄介な展開でしたが
終戦で1体しか倒せず負けたので何とかなりました(

今後に関してですが、年内はオフ会の開催を見送る事となりました。
新型コロナウイルスの影響も一因ですが、冠の雪原のアプデからダブルヘッダーまでの間隔が掴めないのは辛いところ。
ルールを片方にするというならわざわざオフ会を開くまでもないかなという事で
次回もオン会という形で開くことになります。
ルールは見えてからかなと思ってますが、個人的にはダブルがやりたいところ。
日程は11月も連休があるので11月22日が無難かなと思っています。

以下構築。今回こそはギミック構築です(


ダブルバトル(ランクマッチ シリーズ6)
f:id:Travelers:20200921230201j:plain

ポケモン性別とくせい
わ   ざ
もちもの
サザンドラ
ふゆうあくのはどうりゅうのはどうかえんほうしゃまもるいのちのたま
ブロスター
メガランチャーだくりゅうだいちのはどうはどうだんなかまづくりこだわりスカーフ
ニャオニクス
いたずらごころサイコキネシスミストフィールドうそなきサイドチェンジオボンのみ
アイアント
はりきりアイアンヘッドであいがしらギガインパクトじだんだちからのハチマキ
ファイアロー
はやてのつばさダブルウイングフレアドライブおいかぜファストガードするどいくちばし
マリルリ
ちからもちアクアブレイクじゃれつくばかぢからアクアジェットとつげきチョッキ
帰ってきたメガサザンドラ構築。
スカーフブロスターサザンドラになかまづくりをすることでメガランチャーのサザンドラ爆誕
高火力のあくのはどうは圧巻の一言に尽きます。
りゅうのはどうりゅうせいぐんに僅か及ばない程度まで火力が上がる為
連発が効くことを踏まえると非常に心強いメインウェポンとなります。

というコンボが1つ目で、2つ目のコンボがメインとなります(
メインはニャオニクスミストフィールドからブロスターのスカーフだいちのはどう。
だいちのはどうはフィールドで威力倍、メガランチャーで1.5倍なので
威力150のフェアリー技として扱うことができます。
並びからはまず読めないので、相当な奇襲となります。


サザンドラ(おくびょう)
0-0-0-252-4-252
167-*-110-177-111-165
おくびょうCSのサザンドラ
ひかえめだとHBきせきサマヨールをメガあくのはどうで確定になるんですが
個人的にサザンドラの素早さを下げるという選択ができませんでした。
とはいえおくびょうでも75%の高乱数なので十分でしょう。D振りは知りません(
B=Dの種族値なのでダウンロード対策にD振りしました。

メガサザンドラになれるサザンドラ
性質上メインウェポンをはどう技2種で揃えました。
サブウェポンは構築的にナットレイがやや重いのでかえんほうしゃを採用。
メガサザンドラにしない場合はダイマックスをするのも選択肢ですね。

ブロスター(おくびょう)
4-0-0-252-0-252
147-*-108-172-109-122
鈍足のブロスターですが、最速スカーフでの運用。
自分のサザンドラに先制してなかまづくりを出来るのはもちろん
相手のサザンドラに先制してだいちのはどうを撃つことも可能。
スカーフを持った実数値は115族最速の183に当たる為
目の上のタンコブだったドラパルトやエースバーンが不在なのは大きいです。
もちろんゴリランダーの不在が一番大きいですが(

本構築のエース。
だくりゅうで命中下げながら戦うだけでも強いんですが
サザンドラと並べることでメガサザンドラを作ることが可能。
ニャオニクスミストフィールドを展開することで、だいちのはどうが威力2倍のフェアリー技に。
メガランチャーで1.5倍という事もあり、無振りキングドラを倒せる火力となります。
技枠最後は対ドラゴン技が確保できたこともあり、はどうだんを採用しました。
メガランチャーの性質上ダイマックスすると威力が下がる為
基本的にはダイマックスはしないというポケモンとなります。

ちなみに、申し訳程度ながらレギュレーションマーク組。
過去作リボンを付けようと使用したわけではなく
以前育成したスカーフブロスターの孵化余りで理想個体が残っていました(
【コンテストスターリボン】を付けたので剣盾で孵化するより手間がかかっているんですが
第六世代産ならリボン付けないと勿体無いですよね(
とはいえ着け過ぎると持て余す為曜日リボン等を省き、程々にしておきました。
f:id:Travelers:20200921230206j:plain

ニャオニクス(おくびょう)
252-0-0-0-4-252
181-*-96-103-102-171
配分としては普通のHSニャオニクス
状態異常対策という面も踏まえると他のいたずらごころより速い方が良く
サイドチェンジをねこだまし対策として使える点を踏まえて最速にしました。
いたずらごころによりねこだましと優先度が同じになる)

今回一番使いたかったポケモン
ニャオニクスの強みは『何のサポートをするのか分からない』という点。
両壁、デバフ、状態異常に天候となんでもござれ。
ルーム系を全部覚えたり、トリックで翻弄もあれば
てだすけ、サイドチェンジ、ファストガードとサポートも充実。
それらをふういんで使わせない、といった動きまで可能です。
注目したのはフィールド技を使える点。
サイコフィールドを新習得しましたが、今回はミストフィールドを採用。
実を言うと5年振りミストフィールドニャオニクスだったりします(

ミストフィールドの効果のおさらい。
まずは状態異常を防ぐ効果でSMから混乱も防ぐように。
天敵が消えて台頭しそうなモロバレル対策に打ってつけです。
その他にもいたずらごころが軒並み覚えるでんじはにも対応できるのは嬉しいところ。

もう1つはドラゴン技を半減する効果。
サザンドラりゅうのはどうも半減されますが
対ドラゴンにはだいちのはどうを用意しているのでそこまで影響は無いでしょう。
有力なフェアリーの不在によりドラゴンタイプの採用率増加も見える為
こちらの効果も上手く機能してくれそうです。

状態異常が使えない為上2体と相性の良いうそなきをチョイス。
優先度が+4となりねこだまし対策も出来るサイドチェンジを採用し
一応攻撃技をということでサイコキネシスとなりました。

アイアント(ようき)
0-252-4-0-0-252
133-161-133-*-68-177
至って普通のASアイアント
はりきり型ならまずこの配分になるでしょう。

対フェアリーを強く意識したダイマックスエース。
ダイマックスによりはりきりのデメリットを踏み倒しメリットのみを受けられるのが強みですね。
サブウェポンの選択が難しいところですが
今回はギガインパクトを採用してみました。
いわなだれ、ばかぢから、ギガインパクトと色々試しましたが
イマイチ使いどころに恵まれず、良く分かりませんでした(
じだんだに関しては以前の構築でも使いましたが
ダイアースの特防上昇が噛み合って使いやすく、外せない技かと思います。

ファイアロー(ようき)
0-252-4-0-0-252
153-133-92-*-89-195
ASのファイアローですが、性格が賛否ありそうです。
いじっぱりで火力を重視したり、ようきでも素早さを振り切らない選択肢がありますが
今回はファイアローミラーを想定しての最速としました。

ややサポートを重視したファイアロー
サザンドラがスカーフで無い為、おいかぜが欲しいところ。
ファイアローマリルリが若干キツいこともあり、ファストガードを採用。
フレアドライブは必須として、飛行技は新技ダブルウイングを。
反動でHPが削れない為、はやてのつばさを継続できるのは心強いです。
持ち物はきあいのタスキぼうじんゴーグル辺り迷うんですが
するどいくちばしで少しでも火力補強してみました。

マリルリ(いじっぱり)
252-252-0-0-0-4
207-112-100-*-100-71
ごくごく普通のHA振りマリルリ
おいかぜを採用しているので若干S調整しても良かったかなと思いますが
サポート技を駆使すればということでそのままとしました。

ザ・テンプレのマリルリ
アクアジェットでのスイーパーはもちろん
耐久を活かしたアタッカー、ダイマックスエースと多岐にわたって活躍。
天敵となるゴリランダーやイエッサンが居なくなったため
使い勝手が良くなっているのではと思います。

なお、普通に考えるならマリルリがレギュレーションマーク枠。
通常特性運用なので第三世代リボンかオシャボかまで選べるエリートです。
HGSSでは野生でもサファリでも出現)
そうしなかったのはわずかでもそうしょくの可能性を匂わせたかったから。
9割の人はちからもちで断定して来るでしょうし
9割の人は二つ名で判別できないとは思ってますが
道オフにはその1割の人が居ると良いなと思っているので(
自分は『100にんぬきの マリルリ』には嬉々として草技を撃つタイプなので
その辺りは徹底したかったです。


ランクバトルでは割とラクマスターボール級入りできたんですが
マスターボール級ではやや低迷する展開でした。
連敗中のままオン会に臨みましたが、2勝1敗とまずまずの成績。
とはいえ1勝は超絶有効急所での勝利だったので何とも言えませんね(
オン会では両ギミックとも起動出来ずではありましたが
ランクバトルでは何度か起動出来たので楽しめたかなと思います。