シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

二つ名リスト リボン編その2

二つ名対応表でリボン編は今回が最後。
まとめて思ったのはリボンでも沼が深いなあという部分ですね(
作中で貰えるリボンはバトル施設以外対応ポケモン決まっていますが
ここに来て配信系のリボンのバリエーションが凄く活きてきました。
良く見直してみるとイベントリボンのポケモン未所持っぽくてビックリしました(
ということで今回は第六世代から第八世代までのリボンのリストとなります。


第六世代
ゲーム内でリボンが貰えるイベントが復活。
これにより隠れ特性ポケモンにもリボンが付けられるように。
新規のリボンとしてポケパルレやスパトレといったサブ要素に関連するリボンも登場した。

ORASでは高価なリボンが再録。
金策面ではDPtより断然有利なので付けるならこちらになる。
ポケモンコンテストライブ!では固有二つ名のリボンが複数入手できる。
例に漏れずORASで追加されたリボンはXYで確認できなくなる点に注意。
(高価なリボンはDPtにもある為表示される)

二つ名が付くリボンはこの世代が最多となる。
第七世代産と第六世代産では名乗れる二つ名の数が大きく変わる為
用意できるのであれば第六世代から送り込んだ方が旨みが多い。

リボン二つ名入手条件備考
がんばリボンあのころがんばったきそポイント(努力値)最大でXYではクノエシティ
ORASではカイナシティで貰える。
USUMや剣盾でも入手可能なので無理して付ける必要はない。
カロスチャンプリボンカロスチャンピオンXYの殿堂入りで入手第六世代限定のリボンでXY限定。
手持ちも少なく強化版も居ないため入手は楽。
ホウエンチャンプリボンホウエンチャンピオンORASの殿堂入りで入手第六世代限定のリボンでORAS限定。
こちらはクリア後強化版になる為一苦労。
なかよしリボンしんゆうのなかよし度最大でXYではプリズムタワー(ユリーカ)
ORASではキンセツヒルズで貰える。
なかよし度はUSUMや剣盾の方が上げやすく
そちらでもなかよしリボンは入手可能なので無理して付ける必要はない。
しゅぎょうリボンしれんとともにしたスパトレの勲章30個(裏含む)を集めると貰える。
勲章はスパトレクリアではなく目標タイム以内が条件。
XYではミアレシティのカフェ・アルティメット
ORASではムロタウンで貰える。
第六世代限定のリボン。
スパトレの性質上きそポイント(努力値)が入る為
事前育成orスパトレ後のまっさらバッグが必要。
表トレーニングで要点を説明してくれるのでそこまで難しくはないが
被ダメージでスコアリセットの裏サザンドラが最大の鬼門となる。
グレートバトルリボンベテランのバトルハウスノーマルバトル20連勝
バトルシャトレーヌに勝利)
第六世代限定のリボンでXYでもORASでも貰える。
ルールは5種類存在するが、どのルールでも貰えるリボンは同じ。
連戦をいつでも止められるようになったため過去作より難易度が低い。
20戦目のみリボンを付けたいポケモンを入れると言ったことが可能。
ルール上禁止伝説・幻のポケモンには付けることが出来ない。
マスターバトルリボンたつじんのバトルハウススーパーバトル50連勝
(本気バトルシャトレーヌに勝利)
第六世代限定のリボンでXYでもORASでも貰える。
ルールは5種類存在するが、どのルールでも貰えるリボンは同じ。
スーパーバトルはノーマルバトル20連勝で解禁となる。
こちらも50戦目のみ手持ちを変えられるが、難易度は段違いとなる。
ルール上禁止伝説・幻のポケモンには付けることが出来ない。
かっこよさマスターリボンかつてスターのORASポケモンコンテストライブ!
かっこよさ部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
コンディションを上げやすいので基礎を掴めば攻略は楽。
二つ名がコンテストスターリボンの下位っぽいのが難点。
うつくしさマスターリボンとうじきれいだったORASポケモンコンテストライブ!
うつくしさ部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
コンディションを上げやすいので基礎を掴めば攻略は楽。
うつくしさマスターにはミクリが出場することがある
かわいさマスターリボンかつてアイドルのORASポケモンコンテストライブ!
かわいさ部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
コンディションを上げやすいので基礎を掴めば攻略は楽。
とはいえかわいさ部門は最難関。チルタリスだけでなくラブカスにも注意。
かしこさマスターリボンてんさいとよばれたORASポケモンコンテストライブ!
かしこさ部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
コンディションを上げやすいので基礎を掴めば攻略は楽。
めざめるパワー連発で楽勝、といかないのがコンテストライブ!の難しさ。
たくましさマスターリボンむかしはムキムキのORASポケモンコンテストライブ!
たくましさ部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
コンディションを上げやすいので基礎を掴めば攻略は楽。
ネタとしてウケやすい二つ名が付く(
コンテストスターリボンでんせつてきスターのORASポケモンコンテストライブ!
全部門マスターランク優勝
第六世代限定のリボンでORAS限定。
全部門となるとストレートクリアは難しいところ。
ORASではエフェクトがついたが、剣盾では二つ名のみ。
しゃっきリボンあのひしゃきっとしたXYではホテル・コウジン
ORASではキンセツヒル
それぞれ月曜日に貰える。
第四世代でも入手可能な曜日リボンの1つ。
第七世代以降は入手できないため最後の機会。
ORASは曜日に関わらず場所固定である点と
手持ち全員に貰えるという仕様から効率が良い。
逆に言うとXYはもちろん、DPtやHGSSでは先頭のポケモンにしか付かない。
どっきリボンむかしビビりだったXYではホテル・コボク
ORASではキンセツヒル
それぞれ火曜日に貰える。
しょんぼリボンかなしいことがあったXYではホテル・セキタイ
ORASではキンセツヒル
それぞれ水曜日に貰える。
うっかリボンミスするひもあったXYではホテル・ヒヨク
ORASではキンセツヒル
それぞれ木曜日に貰える。
すっきリボンあのひスッキリしたXYではホテル・レンリ
ORASではキンセツヒル
それぞれ金曜日に貰える。
ぐっすリボンねたばかりだったXYではホテル・ショウヨウ
ORASではキンセツヒル
それぞれ土曜日に貰える。
にっこリボンよくわらっていたXYではホテル・ヒヨク
ORASではキンセツヒル
それぞれ日曜日に貰える。
ゴージャスリボンゴージャスORASのキンセツシティにて1万円で購入第四世代のDPtでも入手可能。
金策がし易いORASでは安いと言えるレベル。
上位のリボンがある為イマイチ目立たないのが難点。
ゴージャスボールと組み合わせるとオシャレ。
ロイヤルリボンロイヤルORASのキンセツシティにて10万円で購入
DPtと異なりゴージャスリボンが無くても買える。
第四世代のDPtでも入手可能。反面3段階の中間は目立たないのが宿命。
ロイヤルマスターリボンの存在も気掛かり。
ゴージャスロイヤルリボンゴージャス&ロイヤルORASのキンセツシティにて999999円で購入
DPtと異なりロイヤルリボンが無くても買える。
第四世代のDPtでも入手可能。
第六世代からおこづかいの上限が1桁増えており
おまもりこばんに加えOパワーとハッピータイムで非常に稼ぎやすい。
余程のことが無い限りORASで付けたいリボンとなる。
あしあとリボンあしあとがじまんのDPtと異なり入手(転送)からレベル30上がっていることが条件。
XYではシャラシティで、ORASではバトルリゾートで貰える。
USUMでも入手可能なリボン。
レベルを上げるだけならXYもORASも得意なソフト。
レベル100まで上げきるとなるとひみつきちが使えるORASが有利。
USUMよりもレベルを上げ易い為王冠を使う場合は覚えておきたい。
転送時のレベルを参照する為レベル71以上のポケモンはDPtがラストチャンス。
プレミアリボンきねんびをすごした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
クラシックリボンポケモンずきの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
メモリアルリボンと並んで多いリボン。
イベントリボンイベントにさんかした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
配布個体がかなり少ないリボン。
メモリアルリボンさいこうのおもいでの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
クラシックリボンと並んで多いリボン。
ウィッシュリボンゆめかなえし配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
映画配布系が基本こちら。
バトルチャンプリボンバトルチャンピオン配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
ポケスマ系の配布に付いている。
バースデーリボンいつもいっしょ配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
誕生日配布のポケモンが持っている。

第七世代
曜日リボンや高価なリボンが廃止され既存のリボンは3つのみ。
うち2つは剣盾にも存在する為旨みが少ない。
第七世代限定のリボンも4つのみとかなり寂しい状況となっている。
ちなみにSMとUSUMで手に入るリボンに違いは無い。
(グレートツリーリボンの入手難度/範囲に差は生まれている)

VCのポケモンは第七世代以降にしか送れない。
リボンが沢山付けられる第六世代を経由できないのは痛い。
VC内でリボンが付くことも無い為、名乗れる二つ名が少ないのが難点。

リボン二つ名入手条件備考
がんばリボンあのころがんばったきそポイント(努力値)最大でアローラではロイヤルドームで貰える剣盾でも入手可能なので無理して付ける必要はない。
アローラチャンプリボンアローラチャンピオンアローラでの殿堂入りで入手第七世代限定のリボン。
SMとUSUMで四天王が異なるがどちらにしろがんじょうが厄介。
ロイヤルマスターリボンロイヤルマスターバトルロイヤルマスターランクで勝利第七世代限定のリボン。
対CPUでのバトルロイヤルはほとんど運ゲー
マスターランク解禁後は1戦勝てば貰えるので難易度はそこまで高くない。
ルール上禁止伝説・幻のポケモンには付けることが出来ない。
グレートツリーリボンツリーウィナーノーマルバトルで20連勝
(バトルレジェンドに勝利)
第七世代限定のリボン。
シングルでもダブルでも貰えるリボンは同じ。
USUMではフラットバトルにならず、ポケモンの制限が無い。
相手のレベルは50で変わらず、レベル差で押し切れる難易度。
逆に言うと禁止伝説・幻のポケモンがこのリボンを付けていても不正ではない。
スターツリーリボンリーマスタースーパーバトルで50連勝
(本気バトルレジェンドに勝利)
第七世代限定のリボン。
シングルでもダブルでも貰えるリボンは同じ。
こちらはUSUMでもフラットバトルで禁止伝説・幻のポケモンは出場不可。
過去作のバトル施設程難しくはないが、決して楽に取れるリボンではない。
ルール上禁止伝説・幻のポケモンには付けることが出来ない。
なかよしリボンしんゆうのなかよし度最大でアローラではマリエシティ・地域センターで貰える剣盾でも入手可能ながら、なかよし度はアローラの方が上げやすい。
にじいろポケマメを3個あげるだけで最大となる。
忘れても剣盾で付け直せるぐらいの感覚で。
あしあとリボンあしあとがじまんの入手(転送)からレベルが30以上上がっていると貰える。
アローラではハノハノリゾートホテル内。
剣盾では入手できないリボンなのでラストチャンス。
凄い特訓を考えるとこの時点でレベル100が想定される。
転送前は忘れずにあしあとリボンを付けたい。
プレミアリボンきねんびをすごした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
クラシックリボンポケモンずきの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
メモリアルリボンと並んで多いリボン。
イベントリボンイベントにさんかした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
第七世代でも配布機会は少ない。
メモリアルリボンさいこうのおもいでの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
クラシックリボンと並んで多いリボン。
ウィッシュリボンゆめかなえし配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
映画配布系が基本こちら。
バトルチャンプリボンバトルチャンピオン配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
印象深いのはサオリのカイリキー。
バースデーリボンいつもいっしょ配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
誕生日配布のポケモンが持っている。
第八世代
リボンはさらに減って5種類と非常に少ない。
第八世代限定リボンは3種のみとかなり寂しくなってしまった。
中には第四世代以来となるインターネット通信(ランクバトル)前提のリボンが1つ含まれる。

配信イベントが少なく、配信系のリボンはいまひとつ。
現時点で未登場のリボンは括弧付きで紹介とする。
ちなみにポケモンHOMEで貰えるポケモンにはリボンが付かない。

ピカブイのポケモンは現状剣盾にしか送れない。
配布ポケモンを含めてもピカブイのポケモンにはリボンは付かないため
ピカブイ産のポケモンは4つしかリボンが付かないという寂しい状況。
(マスターランクリボンが付けられない)

とはいえ、剣盾はDLCが予告されており
新たなリボンが追加される可能性も十分考えられる。
DLC配信時はそういった部分にも注目したい。

リボン二つ名入手条件備考
がんばリボンあのころがんばったきそポイント(努力値)最大で剣盾ではナックルシティで貰えるリボンが貰える全作品で手に入るリボン。
剣盾で手に入るので取りこぼしてもフォローできる。
ガラルチャンプリボンガラルチャンピオンシュートスタジアムトーナメント優勝で入手第八世代限定のリボン。
過去作と異なり相手がランダムながら、3戦で貰える。
金策やアイテム回収に通う為必然的に集まるリボン。
連戦途中で手持ちの交換が出来ない点のみ注意したい。
マスタータワーリボンタワーマスターバトルタワーのマスターランクでダンデに勝利
(10勝するごとにダンデが登場する)
第八世代限定のリボン。
ランク上げがやや手間だがマスターランクになれば入手は楽。
今作でも禁止伝説・幻のポケモンが使用可能。
レベルは50フラットなので対戦用のポケモンで挑みたい。
マスターランクリボンランクマスターランクバトルのマスターランクで勝利
(シングル・ダブル問わず使用構築全員)
第八世代限定で最難関のリボン。
インターネット対戦が絡み、マスターランクまではかなり遠い道のり。
マスターランクで1勝すればパーティ全員に貰えるのが救い。
ランクに応じてBPも貰えるため、それを目標にしても良いだろう。
ルール上禁止伝説・幻のポケモンには付けることが出来ず
過去作から送ったポケモンにも付けることが出来ないリボンとなる。
なかよしリボンしんゆうのなかよし度最大で剣盾ではナックルシティで貰える剣盾ではなかよし度がなつき度と統合されたため
ネコブのみ等の努力値を下げるきのみで手軽に上げられる。
もちろんキャンプでも上げられるが、経験値が入る点に注意。
(プレミアリボン)きねんびをすごした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
剣盾では未登場
クラシックリボンポケモンずきの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
キョダイニャースが所持しているリボン。
(イベントリボン)イベントにさんかした配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
剣盾では未登場
(メモリアルリボン)さいこうのおもいでの配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
剣盾では未登場
(ウィッシュリボン)ゆめかなえし配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
映画配布系が基本こちら。
(バトルチャンプリボン)バトルチャンピオン配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
剣盾では未登場
バースデーリボンいつもいっしょ配布ポケモンが付けている配布ポケモン限定のリボン。
性質上リボンコンプ/二つ名コンプの対象外。
誕生日配布のポケモンが持っている。
参考文献等
ぽけりんより全リボン入手記事
ソース元に自分のリボンコンプ見せたかったですが、敷居が高過ぎました(
ポケモンサン・ムーン攻略DE.comさんのリボン一覧
配信系のリボンの対応ポケモンも地味に重宝しました。