シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケモンマスターズ 元ネタリスト その3

うーん・・・毎週トラブル起こすってのもキツいですね・・・
反動でポケモンGOの運営がまともに見えてきました(
正直剣盾発売後は途端に遊ばなくなりそうな・・・
ともあれ、元ネタリストはしっかり完結しておきます。


『切り札』とするポケモンに関しては
・本編バトル時(再戦時)はレベルが一番高いポケモン
・ポケスタシリーズは手持ちの最初に割り振られているポケモン
・BW2のPWTでは確定選出に選ばれているポケモン
としている。
・本編バトル時の手持ち最後尾のポケモン
は例外が多く発生している為ここでは扱わない。

デザインに関しては一部公式(ポケマスツイッター)で公開されている。
出典が公開されているキャラクターに関しては『出典は○○』と表記する。

わざやバディーズわざに関しては概ね
・ジムの看板の紹介(『二つ名』と表記)
・作中の当人の台詞
・使うポケモンの代表的な技
・攻略時にくれるわざマシンの技
・手持ちのポケモンが良く使う技
が設定されていることが多い。
もちろんキャラクターのイメージから割り当てられることも多い。

なお、敵専用で使ってくる技も多数あるが
収集し切れないこともあり、重要と思われる味方時の技のみ掲載する。
また、バディーズわざは最終進化形でなければ汎用バディーズわざとなる。
進化が実装されていないポケモンも居てバディーズわざが使えないポケモンも多々。
ただし敵として登場する場合は最終進化している為、敵専用で見られることはある。


第五世代はマイナーチェンジ版が2年後の世界という事もあり少々ややこしい。
まずBWからBW2で姿が変わるキャラクターが複数存在する。
PV映像も含めると現状全キャラクターBW2準拠となっている。
更にジムリーダーが最初に選んだポケモンやバージョンで変わったり
BW2では3人(3組)が代わっていたりで人数が多い。

BWではライバルが複数人になっているのも特徴
加えて主人公やライバルもマイナーチェンジで一新。
この辺りのキャラクターも沢山実装されている。

演出面では戦闘中の台詞はこちらでも健在。
加えてジム戦において相手が最後の1匹になるとBGMが変わり
こちらのポケモンがピンチになるとまた別の曲に変わる。
BWでは最後の1匹のBGMと共にジムリーダーが集結するイベントがあり
演出的にもイッシュのジムリーダーは印象が強い。
ポケマスにおけるイッシュジムリーダー戦は
ジムリーダ戦と先の2曲のフレーズが全て入った豪華な曲に仕上がっている。

トウヤ&ミジュマル出典はBWの男主人公。ロールはサポート(タンク役)
BWで女主人公を選んだ場合バトルサブウェイにてタッグ相手として登場。
この際に名乗る名前がトウヤとなっている。
ポケマスではチェレン、トウコと共にチームを組んで参加した。
ミジュマルは最初に博士から貰えるポケモン
ミジュマルなのは服の色に合わせたか。
現状ポケマスではフタチマルを使う姿が確認できない。
アクアテール水タイプの物理技でポケマスでは2ゲージ技。
消費ゲージが同じで命中不安がある為威力を考慮してもたきのぼり一択になりがち。
ミジュマルのレベル技。
たきのぼり同じく水タイプの物理技で2ゲージ技。
怯みの追加効果と命中安定で攻撃技は専らこっち。
ミジュマルが覚えるにはわざマシンが必要。
ひとりじゃない!本編ではほぼ台詞が無い為ポケマスオリジナル。
味方全員の攻撃を上げる効果で自身のHPが低いほど効果が大きい。
バディーズ
ウォーターインパク
ミジュマルが進化できない為汎用バディーズわざ。
敵として登場する際もメインではないのでバディーズわざが使えない。
実は負けずぎらいという設定なのでそれに準じたバディーズわざとなるか。
わざの方は代名詞のシェルブレードが優勢か。

トウコ&ポカブチャオブーエンブオー出典はBWの男主人公。ロールはアタッカー(攻撃役)
BWで男主人公を選んだ場合バトルサブウェイにてタッグ相手として登場。
この際に名乗る名前がトウコとなっている。
ポケマスではチェレン、トウヤと共にチームを組んで参加した。
ポカブは最初に博士から貰えるポケモン
ポカブなのは帽子の色に合わせたか。
ニトロチャージ炎タイプの物理技で2ゲージ技。
当たると自身の素早さを上昇させる効果がメイン。
トウコのわざ効果もあり、補助技感覚で使いたいところだが・・・
フレアドライブ同じく炎タイプの物理技でこちらは3ゲージ技。
氷状態でも使えたり、火傷の追加効果があるものの
与えたダメージの1/4が反動となる技。
メインウェポンながら2発も撃つと自滅してしまうゲームバランスが厄介。
負けないわよ!本編ではほぼ台詞が無い為ポケマスオリジナル。
ポケマスではやたらと勝気な設定となっている。
素早さ上昇分の倍自身の攻撃を上げるという効果。
サポートキャラで素早さを上げればニトロチャージを積む必要が無くなる。
バトル大好きガールの
ヒートスタンプ
名前の設定からして『闘』なのでバトル大好き設定(実はトウヤも)
先述の通りとにかくトウコは勝気な設定になっている。
ヒートスタンプはポカブ系の専用技。
エンブオーが重くない(150.0kg)為使いこなせてないのは内緒(

メイ&ツタージャジャノビージャローダ出典はBW2の女主人公。ロールはサポート(タンク役)
BW2で男主人公を選んだ場合バトルサブウェイにてタッグ相手として登場。
この際に名乗る名前がメイとなっている。
ポケマスでは最初に仲間になり序盤の進行役に。
ツタージャは最初に博士から貰えるポケモン
BW2発売時の特別アニメでメイがジャローダを使ったのが縁か。
エナジーボール草タイプの特殊技でポケマスでは2ゲージ技。
ツタージャが覚えるにはわざマシンが必要。
ギガドレイン与えたダメージに応じてHPが回復する草タイプの特殊技。
本編と異なりポケマスでは3ゲージ技でギガドレインの方が威力が高い。
回復量も1/2の本編よりかなり少ない1/10となっている。
ツタージャのレベル技。
元気メイっぱい!メイの名前のみに寄せた最早ギャグ(
わざゲージを回復する効果でなかなか重宝する。
可能性は無限大の
リーフストーム
確認は不十分ながら関連する文言が見つからず。
BW2のテーマなどとも特に関連しないので元ネタは不明。
リーフストームは草タイプの大技。
ちなみにこれが3回目のバディーズわざ採用となる(
ツタージャのレベル技。

カミツレゼブライカ出典はBW2で黒髪デザイン。ロールはアタッカー(攻撃役)
カミツレの切り札は一貫してゼブライカ
BWではエモンガを2体使う為そちらの印象のが大きいか。
ゼブライカの性別はBW2の♀が採用に。
スパーク電気タイプの物理技で2ゲージ技。
相手を麻痺にする確率が高め。
ゼブライカのレベル技。
ワイルドボルト電気タイプの物理技で3ゲージ技。
ポケマスでは反動が1/4から1/5と軽めに。
ゼブライカのレベル技。
しびれるわよ!本編で言ってそうで言っていない台詞。
HPを回復し、急所確定とするワイルドボルトを補佐する効果。
本物の輝きをみせる
ワイルドボルト
作中台詞「どちらの 輝きが 本物か ここで 比べましょう!!」
二つ名『シャイニング ビューティ』からも取ったか。
ワイルドボルトは先の通り。
挙動が特殊な事もありボルトチェンジは使われず。

ヤーコン&ガマガルガマゲロゲデザインはBW。ロールはテクニカル(デバフ役)
ヤーコンの切り札はドリュウズだが、ポケマスでは何故かガマガルに。
ドリュウズが競合するキャラクターは居ないのだが・・・草弱点が必要だったのか。
初期状態ではガマゲロゲに進化することができない。
マッドショット地面タイプの特殊技で2ゲージ技。
ダメージと共に相手の素早さを下げる効果。
ガマガルのレベル技。
じならし全体攻撃となる地面タイプの物理技で3ゲージ技。
こちらもダメージと同時に相手の素早さを下げる。
ヤーコンから貰えるのがじならしのわざマシン
ガマガルわざマシンを使うことで習得可能。
へこたれねえよヤーコンが言っていそうで言っていない台詞。
ポケマスオリジナルとなるがヤーコンらしくはある。
自身の素早さを上げ、HP1でダメージを残す名称通りの効果。
バディーズ
グラウンドインパク
ガマガルが進化できず、敵としてもメインを貼らないためバディーズわざが不明。
二つ名『アンダーグラウンド ボス』と物理分類であることをを踏まえると
『アンダーグランドボスの じならし』辺りになるだろうか。

フウロスワンナ出典はBW。ロールはサポート(タンク役)
フウロの切り札は一巻してスワンナ
ポケマスでは2つ目のバッジを所持する。
かぜおこし飛行タイプの特殊技で1ゲージ技。
スワンナが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
つばめがえし必中攻撃となる飛行タイプの物理技。
ポケマスでは2ゲージ技でスワンナは攻撃役には不向き。
スワンナのレベル技。
ひとっとびね!作中台詞「さて! じゃあ ひこうきで ひとっとび!」
飛行機の操縦が得意でBW2では乗せてくれる。
味方全員の防御と素早さを上げる効果もフウロらしい。
大空ぶっとび
ゴッドバード
二つ名『大空の ぶっとびガール』
BWではジム挑戦者を大砲で、BW2では風でぶっとばす(
ゴッドバードスワンナが覚えられる最高威力の飛行物理技。
スワンナが覚えるには教え技が必要。
貰えるわざマシンのアクロバットスワンナが覚えられなかったり。

ハチク&フリージオデザインはBW。ロールはテクニカル(デバフ役)
ハチクの切り札はBWではツンベアー、BW2(PWT)ではフリージオとなっている。
第五世代のキャラクターはBW2準拠になっていることが多い。
れいとうビーム氷タイプの定番でポケマスでは2ゲージ技。
期待できない程度に氷の追加効果がある。
フリージオのレベル技。
げんしのちから珍しい岩タイプの特殊技で2ゲージ技
低確率ながら自身の能力を一挙上げることも。
フリージオのレベル技。
くろいきり能力変化をリセットする変化技。
ポケマスでは相手の上昇分のみリセットする効果に。
その分デバフ効果扱いでEX相手には無効化される。
フリージオのレベル技。
強き心を見せよ!作中台詞「つよき こころを もつものよ これを わたそう」
バッジを貰う際の台詞でBWにもの。
自身の特防を上げてHP1でダメージを残す効果。
銀幕に命をかける
こおりのつぶて
BWではジムリーダーだがBW2ではポケウッド俳優に。
元々俳優で撮影中のケガで俳優業を退いていた経験を持つ。
そういった背景を受けてのバディーズわざだろう。
二つ名『アイス マスク』は知名度も低い為か使われず。
こおりのつぶてフリージオが最初に覚える氷技で物理技。
こおりのいぶきが採用されなかった理由は不明。

アイリス&オノノクス出典はBW2。ロールはアタッカー(攻撃役)
アイリスの切り札は一貫してオノノクス
BW2準拠でポケマス内でも設定はチャンピオンとなっているが
衣装やBGMはジムリーダー準拠となっている。
ドラゴンクロードラゴンタイプの物理技で2ゲージ技。
オノノクスのレベル技。
げきりんドラゴンタイプの物理技で3ゲージ技。
ポケマスでは使うと即混乱する。
反面対象を選べたりと本編とは挙動が異なる。
オノノクスのレベル技。
ゼッタイまけない作中台詞っぽいポケマスオリジナル。
素早さと急所率を上げる攻撃的な効果。
竜の心を知りし
げきりん
ホワイトでのジムリーダー時の二つ名『竜の心を知る娘』
BW2出典ながらチャンピオン時の台詞は採用されなかった。
げきりんは先の通り。
ジム勝利時に貰えるドラゴンテールは使われず。

チェレンムーランドBW2のメガネなしデザインで登場。ロールはサポート(タンク役)
BWではライバルとして登場したが
BW2では最初のジムリーダーとして、先輩トレーナーとして立ち回る。
ポケマスではBWでの経験も残っており、BWの主人公たちとチームを組んでいる。
ムーランドはBW2における切り札。
ジムリーダー時のみ進化前のヨーテリーを使う。
からげんきノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
自身が状態異常だと威力が倍になる。
ムーランドが覚えるにはわざマシンが必要。
かみくだく悪タイプの物理技で3ゲージ技。
たまに相手の防御を下げる。
ムーランドのレベル技。
ベストをつくそう作中台詞「おたがい くいを のこさないよう ベストを つくそう!」
わざゲージを増やしつつ行動時回復効果を付与するサポート役らしい効果。
真理をもとめる
とっしん
二つ名『真理を 求めるもの』
とっしんはムーランドのレベル技。
条件下で威力が上がる効果なのでギガインパクトなどは避けたと思われる。
ちなみにチェレンから貰えるのはふるいたてると変化技。


ホミカホイーガペンドラーデザインはBW2。ロールはアタッカー(攻撃役)
BW2での追加ジムリーダーでバンドのリーダー(Vo.Ba)
ベースを左向きで持つ姿もしっかり再現されている。
PWTではペンドラーが切り札。
序盤という事もありジム戦ではホイーガを使う。
初期状態ではペンドラーに進化することができない。
ポイズンテール急所に当たりやすい毒タイプの物理技で。
低確率で毒にすることもあり、ポケマスでは2ゲージ技。
ホイーガのレベル技。
どくづき毒タイプの物理技で3ゲージ技。
毒にする確率が高め。
ホイーガが覚えるにはわざマシンが必要。
理性フッとばす!作中台詞「いくよ! あんたの りせい ブッとばすから!!」
ホミカの代表的な台詞。
特防と急所率を上げる効果。
パッシブスキル『行動時素早さアップ2』行動後に(たまに)自身の素早さが上がる。
特性かそくの(部分的な)再現
熱狂ポイズンライブ
どくづき
二つ名『ポイズンライフ ポイズンライブ!』
どくづきは実はペンドラーが使える毒物理技で最高威力。
分類の関係もあってかベノムショックは使われず。

シズイアバゴーラデザインはBW2。ロールはサポート(タンク役)
シズイの切り札はブルンゲルだがポケマスではアバゴーラ
物理技を扱う為の措置かと思われる。
アクアテール水タイプの物理技でポケマスでは2ゲージ技。
たきのぼりより威力が高い分命中不安なのはポケマスでも健在。
アバゴーラのレベル技。
がんせきふうじ素早さを下げる追加効果を持つ岩タイプの2ゲージ技。
地味に両技とも命中不安を抱えている。
アバゴーラが覚えるにはわざマシンが必要。
はじめよーかい!作中台詞「おはん つよそーやね! ほな はじめよーかい」
鹿児島弁が表記にも表れている。
ターゲットを自身に向けてHPを1で残すタンク役らしい効果。
海よりも海な
アクアテール
二つ名『海よりも 海な男』
アクアテールは先の通り。
こちらもねっとうは使われなかった。

マイナーチェンジでチャンピオンこそ変わったものの四天王は変わらず。
一方で四天王の手持ちは微妙に変わっており、一部は切り札も変わっている。
反面ポケモンリーグ以外での出番がほぼ無い。
バトル施設の長はサブウェイマスターと名前を変えたが、ポケマスでは未実装。

シキミ&シャンデラデザインはBW。ロールはアタッカー(攻撃役)
シキミの切り札は一貫してシャンデラ
左手に万年筆を持つ姿はポケマスでも健在。
ポケマスでは突貫ながらオーバとチームを組む。
たたりめ相手が状態異常だと威力が上がるゴーストタイプの特殊技。
2ゲージ技ながらシャドーボールの半分未満の威力と心許無い。
シャンデラのレベル技。
シャドーボールゴーストタイプの特殊技。ポケマスでは3ゲージ技。
シャンデラが覚えられるゴースト技では最高威力だったり。
ランプラー時に覚えるか、わざマシンが必要。
勝利の物語を!近い台詞はあるものの一致せず。
小説家ということもあり「物語」という台詞は良く使う。
素早さを回避を上げる代わりに火傷状態となる効果。
(ポケマスではタイプによる状態異常無効が無い)
闇中より言の葉をつむぐ
シャドーボール
シキミがゴースト使いで小説家なところから取った文言か。
シャドーボールは先の通り。

レンブローブシンデザインはBW。ロールはアタッカー(攻撃役)
レンブの切り札はBW初回以外ローブシン
BW初回のみコジョンドを切り札に使う。
BWでのコジョンドのレベルが進化レベルの50なことも関係あるだろうか。
アデクに師事したり水色のマウスピースを付けていたりを細かい要素も再現。
ポケマスではシバ、トウキの格闘使い3人でチームを組む。
いわくだき物理格闘タイプの2ゲージ技。
相手の防御を下げる確率が高い。
第六世代以前のマシン技。
ドレインパンチ相手のHPを吸収する格闘タイプの物理技。
ポケマスでは3ゲージ技でダメージの1/10を吸収する。
パンチ技を得意とするローブシンの代表的な技。
覚えるにはタマゴ遺伝か教え技が必要。
正念場だな!ピンチ時台詞「ラスト1匹! 正念場だな!」
わざゲージを増やし防御を上げるローブシンらしい効果。
武の道つき進む
きあいパンチ
格闘家であり格闘使いであるレンブらしい文言。
きあいパンチはローブシンが覚える格闘技最高威力。

カトレア&ランクルス出典はBW。ロールはアタッカー(攻撃役)
バトル出来るのはBWが初だが、キャラクターとしての初登場はPtだったり。
カトレアの切り札はゴチルゼルメタグロスだが、ランクルスが採用に。
あにぽけでもゴチルゼルを使ったが、バーベナ(愛の女神)との兼ね合いか。
幸いランクルスは常時カトレアが使ってくる。
めざめるパワー本編ではポケモンの個体ごとにタイプが異なる特殊技。
ランクルスの場合はエスパータイプの2ゲージ技として使うことができる。
サイケこうせんを覚えないランクルスにとっては貴重な中間技。
めざめるパワーはランクルスのレベル技であることも幸い。
サイコキネシスエスパータイプの特殊技で3ゲージ技。
稀に特防を下げる追加効果有り。
こちらもランクルスのレベル技。
退屈させないで作中台詞「だけど あくびがでちゃうような 退屈な勝負だけはかんべんね……」
特攻を大きく、防御と特防も上昇させるランクルスらしい効果。
眠りを妨げられた
サイコキネシス
作中台詞「どなた……? アタクシの 眠りをさまたげる 野暮なトレーナーさんは?」
ポケモンリーグの部屋も天蓋付きのベッドでモーションも欠伸と眠り姫キャラ。
サイコキネシスは先の通り。

XYのキャラクターはマイナーチェンジが無く、登場が1作限り。
BWと比べるとジムリーダーのイベントが少なく、やや出番が少ない。
更には戦闘中の台詞も廃止されており寂しいことに。
PWTも開催後という事でXY以外に登場できていないのが現状。
幸い再戦施設としてバトルシャトーに登場するものの
扱うポケモンは2体だけで使用ポケモンが増えるジムリーダーは居ない。
なお、バトルシャトーでの使用ポケモンは全てレベルが同じとなる。

一方でライバルが更に増えての登場。
博士キャラクターもバトルを行ったりとバトルキャラクターが増えている。
プラターヌ博士がPVで参戦を示唆されているものの、全員未実装となっている。

カルム&ニャスパーデザインはXYで帽子有り。ロールはテクニカル(デバフ役)
ニャスパーを使ったり団体行動が苦手だったりとライバル時の設定が強め。
ただしレベルの関係でライバル時はニャオニクスしか使っていない。
現状ポケマスではニャオニクスを使う姿が確認できない。
サイケこうせんエスパータイプの特殊技で2ゲージ技。
低確率で相手を混乱させる追加効果有り。
ニャスパーのレベル技。
でんじは電気タイプの変化技で2ゲージ技。
相手を麻痺にする効果で命中90も健在。
ニャオニクス♂は変化技を得意とし、カルムのニャスパーも♂。
ニャスパーが覚えるのはわざマシンが必要。
強くなってみせる作中台詞には見当たらず。
負けず嫌いなライバル時の設定を踏まえると割と似合う名称。
自身のHPが低いほど特攻を上げてHPを回復する効果。
パッシブスキル『命中率ダウン無効』名称通り。
特性するどいめの再現。
命中不安技があるため回避率無視の必中化にはできず。
バディーズ
サイキックレイ
ニャオニクスに進化できない為汎用技。
負けず嫌いなライバル時の設定が反映されるか。
エスパー使いのバディーズわざがサイコキネシス続きのため
この辺りでサイコショック辺りにするのも良いか。

ビオラアメタマアメモースデザインはXY。ロールはテクニカル(デバフ役)
ビオラの切り札はビビヨンだが、模様の関係かアメタマに。
あにぽけでもアメタマが目立っていた。
ポケマスではツクシと組んで大会に参加する。
まとわりつく虫タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手をバインド状態にする効果をもつ。
ビオラから貰えるのがまとわりつくのわざマシン
アメタマが覚えるにはわざマシンが必要。
むしのていこう虫タイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃で相手の特攻を下げる効果。
アメタマが覚えるには第六世代以前のわざマシンが必要。
いいんじゃない!作中台詞「いいんじゃない!いいんじゃないの!」
ビオラに口癖でしょっちゅう発言する。
自身の特防を上げつつ行動時回復効果を付与する守備的な効果。
パッシブスキル『登場時攻撃ダウン1』相手の攻撃を下げる効果。
特性いかくの再現。
なお、いかくになるのはアメモースからだがアメタマでも使える。
レンズ越しに狙う
ぎんいろのかぜ
二つ名『笑顔を 見逃さない カメラガール』に見合う文言。
ぎんいろのかぜはアメモースのレベル技。
最高威力のむしのさざめきが選ばれなかったのは絵的な理由か。

ザクロ&アマルスアマルルガデザインはXY。ロールはテクニカル(デバフ役)
ザクロの切り札はチゴラスガチゴラス)だが、イメージ優先かアマルスに。
あにぽけでは使われていないのでビオラとは対称的。
初期状態ではアマルルガに進化することができない。
がんせきふうじ岩タイプの物理技で2ゲージ技。
相手の素早さを下げる効果。
ザクロから貰えるのががんせきふうじのわざマシン
アマルスが覚えるにはわざマシンが必要。
いわなだれ岩タイプの物理技で全体攻撃の3ゲージ技。
たまに相手を怯み状態にすることがある。
アマルスが覚えるにはわざマシンが必要。
諦めないです!作中台詞「どんな ときでも どんな 相手でも 諦めないこと」
口癖と言うほどでもないが「諦めない」を良く口にする。
わざゲージを増やし、命中を上げて行動時回復効果付与とかなり補助的。
ワイルドマイルド
がんせきふうじ
二つ名『ワイルド マイルド ロッククライマー』
がんせきふうじは先の通り。

コルニ&(メガ)ルカリオ出典はXY。ロールはアタッカー(攻撃役)
コルニの切り札はジム戦時はルチャブルとなっているが
マスタータワーではメガシンカの継承者としてメガルカリオを使う。
バトルシャトーではクリア後にメガルカリオを切り札に据える。
ちなみにコルニのルカリオは本編でもポケマスでも♂。
しんくうは格闘タイプの特殊技で1ゲージ技。
ルカリオが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
グロウパンチメガルカリオ時にしんくうはが変化。
格闘タイプの物理技で2ゲージ技。
命中すれば自身の攻撃が上昇する。
コルニから貰えるのがグロウパンチわざマシン
ルカリオはレベル習得できる。
インファイト格闘タイプの物理技で3ゲージ技。
強力な分自身の防御と特防が下がるが、攻撃は下がらないので連発可能なのが強み。
ルカリオのレベル技。
ここが決めどき!作中台詞には関連が見られないポケマスオリジナル。
自身の攻撃と素早さを上げる攻撃的な効果に合わせたか。
パッシブスキル『怯み無効』名称通り。
特性せいしんりょくの再現。
命 爆発!!
グロウパンチ
作中台詞『命 爆発ッ!!』
先の継承者として戦う際に発する台詞。
グロウパンチは先の通り。

フクジ&ウツドンデザインはXY。ロールはテクニカル(デバフ役)
フクジの切り札はゴーゴートだが、ロールの関係かウツドンに。
フクジの手持ちでは唯一最終進化していない。
現状ポケマスではウツボットを使う姿が確認できない。
タネマシンガン草タイプの物理技で2ゲージ技の連続攻撃。
ウツドンが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
ねむりごな相手を眠り状態にする草タイプの変化技で2ゲージ技。
ポケマスでは草タイプに無効化されず、本編より強力。
ウツドンのレベル技。
老いてなお花咲く二つ名『今なお 花を 咲かせる 老樹』
攻撃を上げて行動時回復効果を付与する。
バディーズ
グラスインパク
ウツドンが進化せず、敵としても登場しない為バディーズわざが不明。
二つ名が使われたとは言い難いが、文面の予想は困難。
わざは物理分類なのでリーフブレードパワーウィップの二択だろう。
ナタネに続いてくさむずびは使われず。

ウルップ&クレベースデザインはXY。ロールはアタッカー(攻撃役)
ウルップの切り札は一貫してクレベース
こおりのキバ氷タイプの物理技で2ゲージ技。
僅かな命中不安、氷と怯みの追加効果の個性は健在。
クレベースのレベル技。
ゆきなだれ特殊な仕様を持つ氷タイプの物理技。
2ゲージ技だがそのままでは待機状態に入り、もう1度選択することで攻撃する。
その間にダメージを受けると威力が倍となる。
クレベースのレベル技。
あれだよウルップの口癖にして迷台詞。
どうアレンジするかと思いきやそのままとは・・・(
ターゲットを自身に向け防御を上げる効果。
アタッカーとはマッチし辛いが、ゆきなだれを活かせる効果に。
パッシブスキル『こんらん無効』名称通り。
特性マイペースの再現。
砕かれやしない
ゆきなだれ
作中台詞『あれだよ あれ おみごとだよ! 堅い 氷を 砕きやがったな!』
ちょっと抜き出しただけでもあれだよが入る
ゆきなだれは先の通り。
ちなみにウルップに貰えるわざマシンれいとうビーム

ジムリーダーと同じくイベントが少ない。
パキラのみ他の場面でイベントがあるものの、それ以外は登場せず。
しかしながら、ガンピ以外の3人は突然キレ出すことで有名で
台詞面での知名度が高いと言えるか(

XYでは強化四天王も存在せず、全員手持ち4体のみと寂しい。
バトルシャトーでもその中から3体と扱えるポケモンが少ない。
戦闘面がイマイチな分、設定面で頭角を示せるかがカギになりそうな四天王となる。

バトル施設のキャラクターはバトルシャトレーヌの4姉妹が登場。
ポケマスの仕様上1人ハブられるのが難点だが、チーム制との相性は良い。
現状未実装だが、そのまま終わるということは無いだろう。

ズミ&ブロスターデザインはXY。ロールはアタッカー(攻撃役)
四天王時のズミの切り札はガメノデスだが、特殊技を使う措置かブロスターに。
幸いバトルシャトーでもブロスターは手持ち入りしている。
みずのはどう水タイプの特殊技で2ゲージ技。
稀に相手を混乱状態にすることがある。
ブロスターの特性メガランチャーに対応する技で
ブロスターのレベル技。
はどうだん格闘タイプの特殊技で2ゲージ技。必中効果。
こちらもメガランチャーに対応する技。
思いだし限定ながらブロスターのレベル技。
まさに芸術!作中台詞「そこに 全身全霊を 打ちこむ 生き様は まさに 芸術」
下記の質問で「はい」と答えた際の台詞。
自身のHPを回復し、行動後回復効果の付与と急所率を上昇させる。
シェフの芸術たりえる
みずのはどう
作中台詞「ポケモン勝負は 芸術 足りえるでしょうか」
「いいえ」と答えると屈指の迷台詞「この 痴れ者 が!」が聞ける。
みずのはどうは先の通り。

ガンピ&ギルガルドデザインはXY。ロールはテクニカル(デバフ役)
四天王時のガンピの切り札はギルガルド
ジャイロボール鋼タイプの物理技で2ゲージ技。
威力固定ながら素早さが上がっている相手には威力倍という効果に。
ギルガルドが覚えるにはわざマシンが必要。
キングシールド特殊な仕様を持つ鋼タイプの変化技
2ゲージ技で防御状態になって相手の攻撃技を無効化する効果。
その際物理技だった場合相手の攻撃を下げるという効果になった。
(本編では接触技だった場合に相手の攻撃を下げる)
2回しか使えず、下記のバトルスイッチに対応する。
ギルガルドの専用技。
アイアンヘッド鋼タイプの物理技でこちらは3ゲージ技。
怯みの追加効果があり、ギルガルドのメインウェポン。
石進化なので思いだしになるがギルガルドのレベル技。
はがねの輝きよ!ポケマスオリジナルの文言ながら鋼の鎧を着こむガンピにはピッタリ。
ブレードフォルムの場合は攻撃と急所率を上昇させ
シールドフォルムの場合は防御と特防を上昇させる効果。
シールドフォルムでスタートする為やや噛み合わせは悪い。
パッシブスキル『バトルスイッチ』特性バトルスイッチの再現。
攻撃技を選ぶとブレードフォルムに、キングシールドを選ぶとシールドフォルムにチェンジ。
ポケマスでもフォルムに応じてステータスが変化するのは変わらず。
はがねの騎士道
アイアンヘッド
正々堂々を誓って戦うガンピらしいバディーズわざ。
アイアンヘッドは先の通り。

この世代ではジムリーダーがキャプテンに置き換わっている。
人数が7人と少ない上に、アセロラはキャプテンとして戦うことが無い為実質6人となる。
それぞれ専門タイプを持っているのはジムリーダーと変わらない。
戦闘機会が少なく、バージョンによっては戦えないキャプテンも存在する。
再戦も存在しない為、戦闘面はXYのジムリーダーより薄いと言える。

キャプテンの上位キャラに島キング、島クイーンが存在。
こちらも専門タイプの使い手として4人存在する。
既存の四天王に近い存在だが、四天王は別に存在し
四天王と兼任しているキャラクターとしていないキャラクターが存在する。

アローラ地方ではバトル中1度だけ使えるZワザという設定が登場。
この世代のキャラクターは全てバディーズわざにZワザが採用されている。
ただし分類が厄介なことになっており、名前だけで物理か特殊か分からないのが難点。
ハウのスパーキングギガボルトは特殊だが、マーマネは物理となっている。
使用技に物理と特殊が混在しているキャラクターも居て非常に厄介。
使う際にはしっかりと効果の詳細を見ておきたい。

また、使用ポケモンと自身の性別が異なっているケースが非常に多い。
これは全てSMの時点で性別が異なっており、原作再現要素と言える。
非常に細かい部分ながら、しっかり再現されているのは嬉しいところ。

ハウ&アローラライチュウデザインはSM。ロールはアタッカー(攻撃役)
ポケマスでは同じ電気使いとしてマーマネとチームを組んで参戦。
ハウの切り札は御三家最終だが、アローラライチュウに。
とはいえハウ以外に使うキャラクターが居ないので
選択によってブレる御三家最終より印象は強い。
でんきショック電気タイプの特殊技で1ゲージ技。
追加効果もほうでんのが高く、正直使われない。
アローラライチュウのレベル技(性質上思いだし)
ほうでん電気タイプの特殊技で3ゲージ技。
全体攻撃で麻痺の追加効果が出やすい。
ピカチュウ時のレベル技で進化後は覚えられない。
アローラの風ー!作中台詞は無いが、ハウの語尾を伸ばす喋り方に合致。
素早さと回避率を上げる効果から取ったか。
常夏のイノセント
スパーキングギガボルト
常夏のアローラにハウの無邪気な性格とイメージに合ったバディーズわざ。
10まんボルトを覚えていないからかライトニングサーフライドは使われず。
もちろん分類は特殊。

マーマネトゲデマルデザインはSM。ロールはテクニカル(デバフ役)
ポケマスではハウと組むという珍しい組み合わせに。
マーマネポケモンはレベルが統一されており、定義上切り札は不明。
デンキZ持ちはアローラゴローニャのみなので切り札に分類できるか。
マーマネトゲデマルはあにぽけでもおなじみに組み合わせ。
ちなみにSMの時点でトゲデマルの性別は♀となっている。
びりびりちくちく電気タイプの物理技で2ゲージ技。
電気タイプでは珍しい怯みの追加効果を持つ。
トゲデマルのレベル技で専用技。
ほっぺすりすり電気タイプの物理技で3ゲージ技。
必ず相手を麻痺状態にする効果を持つ。
トゲデマルのレベル技。
すごい科学の力だ科学が好きなマーマネらしい技。
攻撃と素早さを大きく上げる代わりに防御が下がるリスキーな効果。
パッシブスキル『無傷時こらえる』隠れ特性がんじょうの再現。
計算しつくされた
スパーキングギガボルト
科学や計算が好きなマーマネの・・・被ってる・・・
奇しくも使用時のボイスはあにぽけのマーマネZワザ口上と一致する「プログラム・ラン」
ハウと異なりこちらは物理分類。

マツリカ&グランブルデザインはSM。ロールはテクニカル(デバフ役)
こちらもレベルが統一されているものの、フェアリーZはアブリボン
とはいえブルーとのエピソードの縁もあってかグランブルが選ばれた。
同じくSMの時点でグランブルの性別は♂となっている。
マジカルシャインフェアリータイプの特殊技で2ゲージ技。
全体攻撃ながらグランブルの特攻は低めでイマイチ。
グランブルが覚えるにはわざマシンが必要。
あまえるフェアリータイプの変化技で2ゲージ技。
相手の攻撃を2段階下げる効果。
グランブルのレベル技。
じゃれつくフェアリータイプの物理技で3ゲージ技。
こちらも稀ながら攻撃を下げる効果有り。
グランブルが覚えるフェアリー技が全て揃った形になる。
グランブルのレベル技。
ナイスモチーフ!SMの主人公を「ナイスモチーフの人」と呼ぶ。
相手の能力上昇分能力が上昇する効果。
味方を選べないのが残念。
世界を描き出す
ラブリースターインパク
画家としてはピッタリのバディーズわざ。
ラブリースターインパクトの分類は物理。


ライチ&ルガルガン(まよなかのすがた)出典はSM。ロールはアタッカー(攻撃役)
本編では四天王も兼任しているが、ポケマスでは島クイーンのみの記載。
敵として登場しない為ポケマスでの対応BGMは不明。
レベルが統一されている強化四天王時以外はルガルガン(まよなかのすがた)が最高レベル。
強化四天王時もイワZ持ちはルガルガンのみなので一貫してると言えるか。
ちなみにSM時点でルガルガンの性別は♂
いわおとし岩タイプの物理技で1ゲージ技。
命中不安で威力も低いため扱い難い。
ルガルガンのレベル技。
ストーンエッジ岩タイプの物理技で3ゲージ技。
命中不安は増すものの急所に当たりやすい。
ルガルガンのレベル技。
ハードにいくよ!作中台詞「アーカラで 一番 ハードな ポケモン勝負 ガツンと行くよ!」
命中率と急所率が大きく上がりストーンエッジが使いやすくなる効果。
反面特防が下がるリスクもある。。
さらなる輝きを得る
ワールズエンドフォール
作中台詞「ゼンリョクを 出し切ってこそ 更なる 輝きを 得るからね」
岩使いで宝石点も営むため『輝き』という単語はピッタリ。
ワールズエンドフォールの分類は物理。/Td>


クチナシアローラペルシアンデザインはSM。ロールはテクニカル(デバフ役)
ポケマスでは悪使い繋がりでギーマ(BWデザイン)と組んで参戦する。
こちらもレベルが統一されるSMのUBイベント時は定義から外れるが
それ以外(UM再戦含む)はアローラペルシアンが切り札。
例によってSMUBイベント時もアクZ持ちなので一貫してると言える。
こちらもSMからアローラペルシアンの性別は♀。
かみつく悪タイプの物理技で2ゲージ技。
怯みの追加効果がある。
アローラペルシアンのレベル技。
いやなおとノーマルタイプの変化技で2ゲージ技。
相手の防御を下げる効果で命中が100と上方されている。
アローラペルシアンのレベル技。
ま、軽くね作中台詞「ま、軽くね」そのまんま。
戦闘前の台詞でポケマスでもボイスとして実装されている。
自身の回避率を上げて次の攻撃を急所にするクチナシらしい狡猾な効果。
悪をもって悪を制す
ブラックホールイクリプス
悪タイプ使いで警察官でもあるというクチナシらしいバディーズわざ。
本編と異なりポケマスでは物理分類と微妙にややこしい。/Td>

ハプウバンバドロデザインはSM。ロールはアタッカー(攻撃役)
ポケマスでは最後のバッジの持ち主として登場する。
島キング、島クイーンの例に漏れず例外があるものの、切り札はバンバドロ
バンバドロの性別が♂なのもSMからの原作再現。
どろかけ地面タイプの特殊技で1ゲージ技。
相手の命中を必ず下げる効果がある。
バンバドロのレベル技で基本技。
10まんばりき地面タイプの物理技で3ゲージ技。
僅かに命中不安があり、ヨクアタールで保管されている。
バンバドロのレベル技。
心ゆくまで戦うぞ作中台詞「初めての大試練 ゼンリョクを尽くし 心行くまで戦うぞ」
攻撃を上げ、防御も大きく上げるバンバドロに相応しい効果。
パッシブスキル『こんらん無効』名称通り。
特性マイペースの再現。
守り神に選ばれし
ライジングランドオーバー
島クイーンとして守り神に選ばれたばかりのハプウに相応しいバディーズわざ。
ライジングランドオーバーの分類は物理。

四天王は主に島キング、島クイーンが務めるが
ものぐさでキャプテンに任せたり、新任で間に合わなかったりと
四天王にならない理由でキャラクター付けされている。
頭痛が痛いことにSMとUSUMで四天王が一部異なるという状態になっており
アローラは四天王が5人居るというややこしいことになっている。

なお、主人公が初代チャンピオンという事で
アローラには既存のチャンピオンが存在しない。
ラスボスは最初の挑戦者という形となり
ポケモンリーグは主人公の防衛戦という形となった。

バトル施設ではレッドとグリーンがバトルレジェンドという役職で登場。
HGSSから成長した姿での登場となった。
しかし、ポケマスではレッドもグリーンもHGSSのデザインが登場済み。
バトルレジェンドとしては登場しないだろう。

アセロラシロデスナデザインはSM。ロールはテクニカル(デバフ役)
ポケマスでは歴代のゴースト使い四天王と組んでの参戦となった。
キャプテンとしてのバトルは無い為ポケマスでの役職は四天王のみが記載。
BGMもSM四天王のアレンジが使われている。
例によってレベルで見ると定義から外れるものの
ゴーストZを持っている為切り札は一貫してシロデスナと言える。
おどろかすゴーストタイプの物理技で1ゲージ技。
怯みの追加効果がある。
シロデスナのレベル技。
すなあらし岩タイプの変化技で2ゲージ技。
ポケマスではタイプでダメージを無効化出来ず、パッシブスキルの起動用の側面が強い。
シロデスナのレベル技。
こっちこっち!ターゲットを自身に向けて回復を付与する名前通りの効果。
サポーター並の耐久があるので噛み合わせは悪くない。
古代のプリンセスの
むげんあんやへのいざない
四天王として対峙する際に『古代のプリンセス』を名乗る。
本編と異なりむげんあんやへのいざないの分類は物理。

カヒリドデカバシデザインはSM。ロールはアタッカー(攻撃役)
やはり強化四天王時はレベル統一されているものの、切り札はドデカバシ
ドデカバシの性別はSMから♂となっている。
つつく飛行タイプの飛行技で1ゲージ技。
ドデカバシのレベル技で基本技。
くちばしキャノン飛行タイプの物理技で2ゲージ技。
同じ後攻技のゆきなだれと同様発動までにワンアクションが必要。
こちらは待機中に物理技が来ると相手を火傷状態にする。
ドデカバシのレベル技で専用技。
勝利の風が吹く作中台「さて…… 勝利の風が 吹くのは あなたとあたし どちら?」
確定急所とHP1残しを付与する効果。
パッシブスキル『必中化』名称通り。
効果は若干異なるもののするどいめの再現に近い。
勝利の風が吹く
ファイナルダイブクラッシュ
2度目の登場。やや出番が少なく拾える台詞が無かったか。
ファイナルダイブクラッシュは物理分類。