シンオウカラーズ

ブログ名の由来はポケモン(DPt)のシンオウ地方とスプラトゥーンのシオカラーズより。

シンオウ地方(北海道)から誰得情報を伝えるポケモンブログ。
旧ブログ名『道オフ・ナウ』

ポケモンマスターズ 元ネタリスト その1

絶賛・・・でもないかもしれませんが配信中のポケモンマスターズ。
キャラクターのモーション云々も良いんですが、本編の原作再現もしっかりしています。
しかしながら、ネットを探しても元ネタをまとめたリストが存在しません。
無いなら作ればいいじゃない、ということで作りました(

調べていてボイス関連の充実を実感したんですが
如何せんボイス面はガチャで引かないと検証ができません(
何よりそういう面は文章にするより動画にしたほうが分かりやすいので他に投げておきます(
ということで扱うのはステータス画面で分かる部分までとなります。


『切り札』とするポケモンに関しては
・本編バトル時(再戦時)はレベルが一番高いポケモン
・ポケスタシリーズは手持ちの最初に割り振られているポケモン
・BW2のPWTでは確定選出に選ばれているポケモン
としている。
・本編バトル時の手持ち最後尾のポケモン
は例外が多く発生している為ここでは扱わない。

デザインに関しては一部公式(ポケマスツイッター)で公開されている。
出典が公開されているキャラクターに関しては『出典は○○』と表記する。

わざやバディーズわざに関しては概ね
・ジムの看板の紹介(『二つ名』と表記)
・作中の当人の台詞
・使うポケモンの代表的な技
・攻略時にくれるわざマシンの技
・手持ちのポケモンが良く使う技
が設定されていることが多い。
もちろんキャラクターのイメージから割り当てられることも多い。

なお、敵専用で使ってくる技も多数あるが
収集し切れないこともあり、重要と思われる味方時の技のみ掲載する。
また、バディーズわざは最終進化形でなければ汎用バディーズわざとなる。
進化が実装されていないポケモンも居てバディーズわざが使えないポケモンも多々。
ただし敵として登場する場合は最終進化している為、敵専用で見られることはある。


カントー地方のジムリーダーは最も多く登場し
初代、ポケスタ2、金銀、ポケスタ金銀、FRLG、HGSS、BW2、ピカブイと8作品に登場。
HGSSのデザインが多いかと思いきやFRLGデザインも登場。
カスミは最新のピカブイのデザインが採用と幅広く対応。

セキチクジムとトキワジムは赤緑軸と金銀軸でジムリーダーが異なる。
キョウは金銀四天王として、アンズは金銀キャラとしてそれぞれ紹介。
サカキはジムリーダーではなくロケット団のボスとして登場か。
(未実装ながらPVアニメにアテナ、アポロとのチームで登場)
グリーンは役職なしのポケモントレーナーとして登場した。

タケシ&イワーク出典はHGSS。ロールはテクニカル(デバフ役)
初代(FRLG)から引き継いで金銀(HGSS)でもBW2でもタケシの切り札はイワーク
ポケスタ金銀のみ進化形のハガネールを切り札にしていた。
ポケマスではカスミと共に初期の仲間として登場。
いわおとしイワークが最初に覚える岩タイプの物理技。
ポケマスでは1ゲージわざで低命中も相変わらずと扱い辛い。
タケシのイワークが使ってくることは少ない。
がんせきふうじ2ゲージ技となる岩タイプの物理技。
この技で相手の素早さを下げることからデバフ要員に。
FRLGにてタケシから貰えるのががんせきふうじのわざマシン
現代のイワークはレベル習得できる。
おれの意志は固い二つ名『強くて固い意志の男』。
戦闘前の台詞にも登場する。
つよくてかたい
いわなだれ
同上。
上半身裸の決めポーズは赤緑青のドット絵より(ピカ版以降は服を着る
HGSSにてタケシから貰えるのがいわなだれわざマシン
現代のイワークはレベル習得できる。

ジコスタケシ&バンギラスデザインはオリジナル。ロールはアタッカー(攻撃役)
タケシ&イワークとは別枠で両方選出可能。
BW2にてタケシが使うバンギラスが出典との事。
ポケマスの大会開催に応じてタケシが本気を出した姿。
がんせきふうじ先に同じ2ゲージ技。
バンギラスわざマシンを使わないと覚えられない。
いわなだれ全体攻撃となる岩タイプの3ゲージ物理技。
ポケマスでは全体攻撃があるとアタッカー分類になりやすい。
バンギラスのレベル技。
次で決める!作中台詞無し。必中+確定急所付与の効果由来か。
超つよくてかたい
ストーンエッジ
超が付いた以外は先に同じ。
ちなみにマジコスタケシも決めポーズは同じ(結局脱ぐ
バンギラスのレベル技。

カスミ&スターミー出典はピカブイ。ロールはサポート(タンク役)
チャゲー定番の水着衣装のためか唯一水着ではないピカブイからの出典。
(ビキニのお姉さんが実装されている為水着NGという訳ではなさそう)
初代から一貫してカスミの切り札はスターミー。
ポケマスではタケシと共に初期の仲間として登場。
バブルこうせん素早さを下げる追加効果のある水タイプの特殊技。
タケシと異なり下位技が2ケージ技となっている。
初代にてカスミから貰えるのがバブルこうせんのわざマシン
ヒトデマンのレベル技にもなっているので現代でも再現は容易。
ハイドロポンプ水タイプの低命中高威力特殊技。
最も早く使えるであろう3ゲージ技。
ロールの関係上なみのり(全体攻撃なのでアタッカー向き)や
ねっとう(火傷の確率が高くテクニカル向き)に出来なかったと思われる。
性質上思いだし限定ながらスターミーのレベル技。
かわしまくるわ!作中台詞無し。効果そのまま。
ちいさくなるでかわしまくるスターミーらしい効果。
パッシブスキル『行動時状態解除G2』味方全員の状態異常をたまに解除する。
特性しぜんかいふくの再現ながら味方全体にも効果がある。
おてんば人魚の
バブルこうせん
二つ名『おてんば にんぎょ』
先に同じくバブルこうせんは初代カスミが使う技。
ピカブイ出典なのでねっとうでも良かったかもしれない。

マチスビリリダママルマインデザインはHGSSより。ロールはテクニカル(デバフ役)
マチスの切り札は基本的にライチュウだが
主人公(ポケマス)やハウとの兼ね合いからかビリリダマに。
初期状態ではマルマインに進化することができない。
10まんボルト麻痺の追加効果のある電気タイプの特殊技で2ゲージ技。
初代、ピカブイでマチスから貰えるのが10まんボルトのわざマシン
現状ビリリダマはこれを使わないと10まんボルトを覚えない。
かいでんぱ覚えるポケモンが限りなく少ない変化技。効果は覚えてるでしょうか(
相手の特攻を下げる効果の2ゲージ技。
ビリリダマのレベル技。
エレクトリック!作中台詞で自身のポケモンを「エレクトリック ポケモン」と呼ぶ。
素早さと回避率を上げるビリリダマらしい効果。
パッシブスキル『ひんし時ばくはつ』ひんし時にだいばくはつを使う。
バクダンボールたるビリリダマらしい効果。
イナズマタクティクス
チャージビーム
二つ名『イナズマ アメリカン』 ただし、ピカブイでは『ライトニング タフガイ』に変更。
アメリカ由来のイッシュ地方が出たこともあり世界観の関係と思われる。
チャージビームはマルマインのレベル技。

エリカ&ラフレシア出典はFRLG。ロールはテクニカル(デバフ役)
エリカの切り札は初代軸ではラフレシア、金銀軸ではキレイハナと綺麗に分かれている。
出典がHGSSではなくFRLGなのはそういった面も影響しているか。
ポケマスでは最初のバッジ所持者として登場。
エナジーボールリスクのない特殊草技では最高威力ながらポケマスでは2ゲージ技。
エリカといえばドレイン技なのでエナジーボールは滅多に使わない。
ラフレシアが覚えるにはわざマシンが必要。
しびれごな相手を麻痺状態にする草タイプの変化技で2ゲージ技。
ポケマスでは本編よりも命中が高いものの麻痺がそれほど強くない。
ラフレシアの状態ではねむりごなを覚えない(思い出せない)のが要因か。
エリカはしびれごなもねむりごなも同程度使ってくる。
性質上思いだし限定ながらラフレシアのレベル技。
お手入れします生け花が趣味だが作中台詞無し。
防御と特攻が上がる為効果重視。
しぜんをあいする
はなびらのまい
二つ名『しぜんをあいする おじょうさま』
はなびらのまいは初代ではナゾノクサ系しか覚えなかったラフレシアの代名詞的な技。
エリカのラフレシアも良く使ってくる。
反面エリカの代名詞であるドレイン系が使われないことに。

カツラ&ポニータギャロップデザインはFRLG(かピカブイ)ロールはテクニカル(デバフ役)
カツラの切り札は基本的にウインディだが、マイとの兼ね合いからかポニータ
金銀軸の切り札はギャロップなので間違いではないが出典とちぐはぐに。
ポケマスではアスナを導く役として登場。
オーバと組んで大会参加する予定がぎっくり腰でリタイアした。
初期状態ではギャロップに進化することができない。
かえんぐるまポニータが最初に覚える炎物理技で2ゲージ技。
ポケマスのポニータは物理に寄せている気がある。
ポニータのレベル技。
ほのおのうずこちらは炎タイプの特殊技ながらバインド効果のある2ゲージ技。
こちらもポニータのレベル技。
にほんばれ炎タイプの変化技。天候を日差しが強いにする効果。
天候技持ちは今のところ全員テクニカル。
金銀以降のカツラが良く使う技。
現状ポニータが覚えるにはわざマシンが必要。
うおおーす!作中台詞「うおおーす! やけどなおしの 用意は いいか!」
全作品でこの台詞から戦闘に入る。
パッシブスキル『異常確率上昇1』相手を状態異常にする確率が上がる。
相手を火傷にする確率が上がり、上記の台詞の説得力が増す。
熱血の頭脳かがやく
ニトロチャージ
二つ名『ねっけつ クイズ おやじ』
HGSSでは帽子を取って禿げ頭がかがやく演出があり、ポケマスでも頭が光る。
ポニータの攻撃が高いこともあってか、代名詞のだいもんじは外れることに。

ジムリーダーと異なり四天王は金銀ではシバを残して一新。
BW2には登場しないこともあり、ジムリーダーよりも登場作品は少ない。
初代、ポケスタ2、FRLG、ピカブイとジムリーダーの半分となっている。
(シバのみ金銀、ポケスタ金銀、HGSSの2回追加)

ちなみに再戦時に四天王のレベルやポケモンが変わっている
いわゆる強化四天王はFRLGが最初だったりする。
ピカブイでも強化四天王があり、意外といろいろなポケモンが扱える。

カンナ&ラプラスデザインはFRLG。ロールはテクニカル(デバフ役)
初代から一貫してカンナの切り札はラプラス
ポケマスではイブキと組んで大会に参加する。
ちなみにカスミがカンナに憧れている設定はアニメからの逆輸入(FRLGより)
れいとうビーム氷タイプの特殊技で定番2ゲージ技。
ラプラスもレベルアップで自力習得する。
ふぶき氷タイプの低命中高威力全体攻撃技。
ポケマスでは3ゲージ技であられ時必中も健在。
カンナのラプラスはほとんどで覚えている代名詞的な技。
ちなみにラプラスが覚えるにはわざマシン必須だったり。
覚悟はいいかしら作中台詞「あははッ! じゃ 覚悟は いいかしら!」
この台詞から戦闘に入るのが定番。
防御を上げる効果はややロールとちぐはぐ。
パッシブスキル『異常確率上昇1』相手を状態異常にする確率が上がる。
作中台詞「凍っちゃったら あんたのポケモン 全然動けないんだから」を体現する効果で
相手を氷状態にする確率を上げ、初代ふぶきを彷彿とさせる効果に。
いてつく恐怖の
ふぶき
二つ名は無いのでポケマスオリジナル。
とはいえキャラクター性に合う名称に。
ちなみに相手が氷状態だと威力が上がる。

シバ&カイリキーデザインの差異が少ないので出典不明。
BGMや「ハイパーパワー」発言からHGSSの可能性大。
ロールはイメージ通りのアタッカー(攻撃役)
シバは金銀軸でも四天王だが一貫して切り札はカイリキー。
ポケマスでは本編で共に修行を積んだ設定のトウキ
同じ格闘使い四天王のレンブと共にチームで参加する。
からてチョップ格闘タイプ物理の2ゲージ技はいわくだきが主でからてチョップは唯一。
カイリキーのレベル技でらしいといえばらしい。
クロスチョップ格闘タイプの物理技で3ゲージ技。
命中難ながら急所に当てやすいハイリターン技。
こちらもカイリキーのレベル技。
金銀時代はカイリキーの代名詞的な技だった。
ウー! ハーッ!作中台詞「ウー! ハーッ! 」
全作品でこの台詞から戦闘に入る。
シバとのイベント名にも使われる程シバの代名詞。
攻撃と特防を上昇させる。
限界まで鍛えぬいた
ばくれつパンチ
こちらもポケマスオリジナルながらシバらしいバディーズわざ。
バディーズわざは必中なのでノーガードが再現されているが、追加効果は無い。
カイリキーのレベル技。

キクコ&(メガ)ゲンガーデザインはFRLG。ロールはテクニカル(デバフ役)
切り札がゲンガーなのはいつも通りだがメガシンカするのははじめて。
ポケマスではフヨウ、アセロラのゴースト四天王とチームを組んでの参加。
したでなめるゴーストタイプの物理技で1ゲージの軽い技。
物理というのもゲンガーに似合わず追加効果がメイン。
ゲンガーのレベル技(基本技)
たたりめメガゲンガー時にしたでなめるが変化。
状態異常の相手に対して威力が倍になるゴーストタイプの特殊技。
2ゲージ技ながらポケマスでは倍化してもシャドーボールより威力が低いのが難点。
ゲンガーのレベル技。
さいみんじゅつ初代ではよく使われたゲンガーの変化技。
エスパータイプでポケマスでは2ゲージ技。
地味に命中が本編より高かったりする。
ロール的にも眠らせて戦うのが主体となるか。
ゲンガーのレベル技(基本技)
シャドーボール得意とするゴーストタイプの特殊技。
3ゲージ使うものの高い特攻もあって威力は絶大。
ゲンガーのレベル技。
たいしたもんだよ作中台詞「ほっほう! たいした もんだよ! 」 戦闘終了直後の台詞。
素早さを上昇させるものの、その分ダメージを受ける。
本当の戦いを教える
たたりめ
作中台詞「ホントの たたかいって ものを おしえて やる!」
例によってこの台詞から戦闘に入る。
世代の関係もありキクコのゲンガーがたたりめを覚えていたことは無い。

グリーン&(メガ)ピジョット出典はHGSS。ロールはアタッカー(攻撃役)
しかし役職は付いておらず、立ち位置としては初代におけるライバル枠だろうか。
赤におけるライバルのデフォルトネームがグリーン。
金銀にてトキワジムリーダーのグリーンとして登場した。
HGSSではピジョットが切り札で今回のバディーズもこれが縁。
ライバル時にも初手としてピジョットを使ってきた。
ちなみに第七世代ではメガピジョットも使うので一応原作再現。
ラストバトル(VSライバル)アレンジの専用BGM有り。
エアスラッシュ飛行タイプの特殊技で2ゲージ技。グリーンのピジョットも良く使ってくる。
怯みの追加効果はポケマスでも嫌らしい。
ピジョットのレベル技。
ぼうふうメガピジョット時にエアスラッシュが変化。
同じく飛行タイプの特殊技だが3ゲージ技に。
命中不安が増すがグリーンには命中アップのバフ有り。
ピジョットのレベル技。
エアカッター全体攻撃となる飛行タイプの特殊技。
2ゲージ技で威力が物足りないのが難点ではある。
とはいえグリーンのバフには急所率アップの効果もあり、数値以上に強力。
ピジョットが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
かかってこいよ!グリーンのポケモンタワーでの作中台詞。
似た台詞として「かかって きな!」もある。
回避率、命中率、急所率を上げる効果でわざとの相性がバツグン。
パッシブスキル『命中率ダウン無効』名称通り。
特性するどいめの再現。
近年の回避率無視までは再現できず。
世界で一番強い
ぼうふう
ポケマス界でも有名なチャンピオングリーンの名台詞。
「わかった! おしえてやる! この おれさまが!
せかいで いちばん! つよいって こと なんだよ!」
ぼうふうは特性ノーガードになったメガピジョットの得意技と言える。

ジョウトのジムリーダーはカントーから登場が減り
金銀、ポケスタ金銀、HGSS、BW2の4回に留まる。
デザインは最も新しいHGSSのデザインで統一されている。
(BW2はHGSSのデザインの流用)
カントーのジムリーダーではあるが、金銀初登場のキャラクターということで
アンズはこちらでの紹介とする。

主人公が実装されており、マイナーチェンジ版とリメイク版でキャラクターが異なる女主人公2人。
この2人の共演はまさにドリームチームと言えるだろう。


クリス&ワニノコアリゲイツオーダイルクリスタルでのみの登場する女主人公。ロールはアタッカー(攻撃役)
クリスはクリスタルにおけるデフォルトネーム。
(ただし男主人公も同じデフォルトネーム)
クリスタルにしか登場せず、ライバルとしても登場しないレアなキャラクター、
ワニノコは最初に博士から貰えるポケモン
あにぽけで同デザインのマリナがアリゲイツを持っていた縁もあるか。
たきのぼり水タイプの物理技で2ゲージ技。
隠れ特性ちからずくの恩恵もありワニノコと相性のいい技。
ただし現在は教え技のアクアブレイクの方が高威力。
ワニノコわざマシンを使わないと覚えられない。
メガトンキック
ノーマルタイプの物理技で低命中高威力。
3ゲージ技の水物理が無い為、パッシブスキルで水タイプ化して用いる。
第三世代限定の教え技。
もっと飛ばすわよ作中では喋らないのでポケマスオリジナル。
素早さアップの効果重視か。
清き心に導かれし
アクアテール
確認は不十分ながら『清き心』という文言が見つからず。
一応ホウオウの図鑑には『正しき心』の文言があるが・・・
『クリスタル』『水使い』のイメージには合うバディーズわざ。
アクアテールは水物理最高威力でオーダイルのレベル技。

コトネ&チコリータベイリーフメガニウムHGSSでのみの登場する女主人公。ロールは
本編で男主人公を選んだ場合サポートキャラのコトネとして登場する。
チコリータは最初に博士から貰えるポケモン
あにぽけでコトネが登場した際にチコリータを連れていた縁もあるか。
エナジーボール草タイプの特殊技でポケマスでは2ゲージ技。
低確率で相手の特防を下げることがある。
チコリータが覚えるにはわざマシンが必要。
ひかりのかべ味方全体への特殊技を軽減するエスパータイプの変化技。
3ゲージ使うものの特殊技使い相手には心強い。
ポケマスでもダブルバトル時の2/3程の効果な模様。
チコリータのレベル技。
あがっていくよ!確認は不十分ながら関連する文言は見つからず。
攻撃、特攻、素早さを上げる効果重視か。
日差しが強いと2段階上昇と強力になるがにほんばれは使えず。
せいちょうに近い効果ながらチコリータは覚えられなかったり。
パッシブスキル『晴れ時異常無効』名称通り。
特性リーフガードの再現。
きらめくハートの
リーフストーム
コトネが登場するソフト『ハートゴールド
指でハートを描く姿は女の子ならでは。
リーフストームは高威力の草タイプの特殊技。
メガニウムが覚えるにはタマゴ技が必要。


ツクシ&(メガ)スピアーデザインはHGSS。ロールはアタッカー(攻撃役)
ツクシの切り札は一貫してストライク(ハッサム)だが、ポケマスではスピアーに。
スピアーを使ったことのある唯一のキーキャラクター故の選出か。
もちろんメガスピアーを使うのは初。
手持ちポケモンは金銀では♂、HGSSでは♀で統一されていたがポケマスでは♂が採用された。
ポケマスでは同じ虫使いのビオラと組んで参加する。
とどめばり虫タイプの物理技で2ゲージ技。
この技で相手を倒すと攻撃が上がるという珍しい効果を持つ。
ちなみに第七世代で威力と上昇幅が上がっており、ポケマスでも3段階上昇。
スピアーのレベル技。
ダブルニードルこちらも虫タイプの物理技で2ゲージ技。2回攻撃。
現代でも使い手は少ないスピアーの元専用技。
2回攻撃に毒の追加効果がある部分も忠実に再現されている。
スピアーのレベル技。
研究の成果だよ!オーキドを尊敬し研究家を目指すという設定を反映。
素早さと回避率を上げる。
むしポケ大百科が選ぶ
ブルニードル
二つ名『あるく むしポケ だいひゃっか』
ダブルニードルは先の通りスピアーの元専用技。
癖が強いからかれんぞくぎり、とんぼがえりは選ばれず。

アカネ&ミルタンクデザインはHGSS。ロールはテクニカル(デバフ役)
アカネの切り札は一貫してミルタンク
ポケマスでもSM発言は健在。
のしかかり麻痺の追加効果があるノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
再戦時やBW2で使うことが多いミルタンクのメインウェポン。
ミルタンクのレベル技。
ふみつけ怯みの追加効果があるノーマルタイプの物理技で2ゲージ技。
先制できなければひるみゲーしてくるコガネジムの壁の1つ。
ミルタンクのレベル技。
めっちゃつよいで!作中台詞「え? うちに ちょうせん するの? ゆうとくけど うち めっちゃ つよいでー!」
HPを回復し防御が上がるミルタンクらしい効果。
めっちゃプリティに
ころがってたいあたり
二つ名『ダイナマイト プリティ ギャル』
ころがるはどんどん威力が上がるコガネジムの壁の1つでみんなのトラウマ。
たいあたりはミルタンクの基本技。
コガネジムのトラウマを入れつつノーマル技で仕上げる結果に。
メロメロは変化技なので使われず。

ヤナギ&パウワウジュゴンデザインはHGSS。ロールはアタッカー(攻撃役)
ヤナギの切り札は一貫してイノムーマンムー)だが、ポケマスではパウワウに。
ポケマスでは使用タイプとポケモンのタイプが一致しないケースとなった。
パウワウは水単タイプ。ただし弱点は電気でポケカの二の舞は避けた)
ポケマスでは4つ目のバッジをかけて戦う。
れいとうビーム氷タイプの特殊技で2ゲージ技。
パウワウのレベル技。
こごえるかぜ氷タイプの特殊技で全体攻撃。
当たった相手の素早さを下げる効果もあり3ゲージ技となっている。
金銀でヤナギから貰えるのがこごえるかぜのわざマシン
パウワウれいとうビームよりも先にレベルアップで覚える。
きびしさがたりん二つ名『ふゆの きびしさを おしえるもの』
作中台詞としてはありそうでなかった。
自身の特攻と特防を上昇させる。
冬の厳しさを教える
オーロラビーム
同上。
オーロラビームはパウワウのレベル技。
ヤナギのジュゴンが覚えていることが多い。

イブキ&キングドラ出典はHGSS。ロールはアタッカー(攻撃役)
HGSSの再戦時を除いてイブキの切り札はキングドラ
精神的に未熟な面はポケマスでも健在でカンナと組んで参加する。
りゅうのいぶき麻痺の追加効果を持つドラゴンタイプの特殊技で2ゲージ技。
金銀でイブキから貰えるのがりゅうのいぶきのわざマシン
現在キングドラが覚えるにはタマゴ遺伝が必要。
りゅうせいぐん絶大な威力を誇るドラゴンタイプの特殊技。
3ゲージ技で使った後自身の特攻が下がってしまう。
本編では技教え限定となるドラゴンタイプの奥義。
イブキのキングドラが使うのは実ははじめて。
勝つのはわたし!HGSSにおけるピンチ時の台詞
「うそー!? かつのは わたし! そう きまってるのよ!」
下がった能力を元に戻し、急所率を上げる効果。
バフを積んで攻撃したいポケマスでは微妙に噛み合いが悪い。
パッシブスキル『雨時わざゲージ加速2』名称通り。
特性すいすいの再現ながら、自身はあまごいを使えない。
全力でぶつかる
りゅうのはどう
作中台詞「どんな あいて だって ぜんりょくで ぶつかって あげる!
HGSSにてイブキから貰えるのがりゅうのはどうわざマシン

アンズ&アリアドスデザインはHGSS。ロールはテキニカル(デバフ役)
アンズの切り札は一貫してモルフォンだが、ポケマスではアリアドスを使う。
ポケマスでは父親のキョウと組んで参加する。
クロスポイズン毒タイプの物理技で2ゲージ技。
毒の発生率は低いが急所に当たりやすい。
アリアドスのレベル技。
ベノムトラップ毒タイプの変化技で2ゲージ技。
毒状態の相手の能力を下げる変化技。
思いだし限定となるアリアドスのレベル技。
風よりもはやく!素早さと回避率が上がる効果重視のネーミング。
受け継いだ忍ぶ心の
クロスポイズン
父親のキョウからジムを受け継いだ件を強調。
クロスポイズンは先の通り。

四天王は金銀で変わった3人が全員登場。
シバも初代枠で紹介している為四天王全員が登場という形に。
金銀、ポケスタ金銀、HGSSと3回の登場だが
キョウは初代ジムリーダーとして別個登場している。
こちらもデザインはHGSSが採用されている。

イツキ&ネイティオデザインはHGSS。ロールはテキニカル(デバフ役)
イツキの切り札は一貫してネイティオ
手持ちポケモンは金銀では♂、HGSSでは♀を重視していたがポケマスでは♀が採用された。
アシストパワーエスパータイプの特殊技で2ゲージ技。
能力が上がっているほど威力が上がる。
ネイティオのレベル技。
あやしいひかり相手を混乱状態にするゴーストタイプの変化技で2ゲージ技。
イツキのネイティオが良く使ってくる。
ネイティオのレベル技。
エアスラッシュ怯みの追加効果を持つ飛行タイプの特殊技で2ゲージ技。
怯み効果と合わせてデバフ要員として機能。
技タイプが3つ揃うのはポケマスでは現状唯一。
ネイティオが進化時に覚える。
力は無限!HGSSにおけるピンチ時の台詞
「ゼロでなければ ちからは むげん まだ ボクは あきらめないよ!」
味方を選べない分倍化できるじこあんじ。
アシストパワーとの相性がバツグン。
ゼロでない無限の
サイコキネシス
同上。
サイコキネシスはイツキのポケモンがほぼ確実に覚えている技。

キョウ&クロバットデザインはHGSS。ロールはテキニカル(デバフ役)
キョウの切り札はコロコロ変わるが、四天王としてはクロバット
ポケマスでの肩書は四天王となっているためこちらで紹介。
娘のアンズと共に大会に参加する。
どくどくのキバ毒タイプの物理技で2ゲージ技。
相手を猛毒状態にする追加効果を持つ。
思いだしを除くとクロバットが最初に覚える技。
キョウがくれるわざマシンのどくどくとも関連有り。
ベノムショック毒タイプの特殊技でこちらも2ゲージ技。
毒状態の相手に対し威力が倍に。
ポケマスではたたりめよりも威力が高く設定されている。
思いだしを除くとクロバットが2番目で最後に覚える毒技。
忍びの極意!作中台詞「しのびの わざの ごくいを うけて みるが よい!」
この台詞は初代軸のジムリーダーの時のもの。
回避率と急所率を上げる忍らしい効果。
現代忍び道の
ヘドロばくだん
作中台詞「せっしゃは してんのうの キョウ!いまに いきる しのびよ!」か
こちらの台詞は金銀軸の四天王の時のもの。
ヘドロばくだんクロバットが使える毒技では最高威力。

カリン&(メガ)ヘルガーデザインはHGSS。ロールはアタッカー(攻撃役)
カリンの切り札はブラッキーになることが多いものの基本はヘルガー
世代の関係上メガヘルガーを使うのはポケマスが初。
変化技を用いた狡猾な戦術を好むがポケマスではアタッカーに。
かみつく怯みの追加効果を持つ悪タイプの物理技で2ゲージ技。
ヘルガーが最初に覚える悪タイプの攻撃技。
あくのはどうメガヘルガー時にかみつくが変化。
同じく怯みの追加効果を持つがこちらは特殊で3ゲージ技。
ヘルガーわざマシンを使わないと覚えられない。
バークアウト悪タイプの特殊技で2ゲージ技。
相手の特攻を下げる効果を持つ全体攻撃技。
こちらも習得にはわざマシンが必要。
楽しませて!作中台詞「がんばってあたくしを たのしませて ほしいものね じゃ はじめましょ!」
特攻を上げる効果だが、HPが低いほど効果が大きくなる。
好きなポケモンが放つ
あくのはどう
ポケモン界隈以外でも有名な名台詞。
「つよい ポケモン よわい ポケモン そんなの ひとの かって
ほんとうに つよい トレーナーなら すきな ポケモンで かてるように がんばるべき」
あくのはどうは先の通り。